Day17最終日:ラウニオン(フィリピン)サーフトリップ(2020年1月29~31日)

昨晩はラウニオンからマニラへと無事!?戻ってきて、マニラでの滞在先となったのはマニラ到着時にも利用したマカティにあるコンドミニアム。

このコンドミニアムが1泊3,000円台で安いのです。

安いと言っても、アジアの中でフィリピンの宿代は断然高い方だと思います。

僕が滞在したアジアの国々で、宿代が高いと感じたのはフィリピンと台湾。

特にフィリピンは物価を考慮に入れるとバランスが取れていません。

フィリピンで3,000~4,000円台で滞在可能な宿(ドミトリー以外の個室では安いレベル)は、インドネシアのバリ島なんかでは1,000円前後で滞在可能ですし…。

さて、マニラ編ということで仕事をしながら食事の時に外に出るだけだったので、特にブログにする内容もないのでマニラでの食事がメインになります。

朝食のマクドナルド(マニラ)

朝はコーヒーを飲みたく、大抵のファストフードは午前9時や10時オープンだったので、お世話になったのは24時間営業のマクドナルド。

コンドミニアムのすぐ近くにありました。

朝食でほぼオーダーしていたのはソーセージエッグマフィンのセット(ドリンクとハッシュドポテト付き)。

このセットは通常価格が135ペソ(約300円)で、僕はドリンクのコーヒーだけサイズアップしていたので150ペソ(約330円)でした。

ちなみに、日本ではポテトやドリンクを加える事を「セット(バリューセットなど)」と言いますが、英語では「ミール(meal)」になります。

なので、レジでメニューをチェックして食べたいハンバーガーが例えば「ナンバー1」ならば、「ナンバー1ミール」と言えば、その後は「どのドリンクが良い?」や「Eat in(店内で食べる)やTake away(お持ち帰り)」などと進んでいきます。

フィリピンでもハッピーセットのおもちゃはあり、以下のような感じでした。

日本みたいに人気アニメや子供番組のキャラクターとのコラボおもちゃなんかもあるんですかね!?

フィリピンは日本と同じくお米が主食のようで、一番興味深かったのがマクドナルドで丼系のメニューがあった点。

丼系は3種類ほどあり、僕は2つ試してみました。

まずはカツ丼。

名前的に完全に日本を意識していて、レシートにもガッツリと「Katsu」と書いてますね(笑)。

このカツ丼は、カツがペラペラで美味しくなかったです。

もう一つ試したのは、ハワイで有名なロコモコ丼のようなやつ。

たっぷりとソースが掛かっていて分かりづらいですが、薄めのハンバーグが2枚に目玉焼き系のエッグ、そしてマッシュルームソースが掛かった丼。

結構美味しかったです。

ちなみに、丼物はドリンク付きのセットで種類に寄りけりで100ペソ(約220円)前後でした。

マング・イナサル(ファストフード)

バーベキューチキンをメインとしたライスとのセットメニューが特徴のファストフード。

このチキンは安くて絶品です(フィリピンはコンビニであろうがどこで食べてもチキンはジューシーで美味しかった)。

面白い点として、ライスは15ペソ(約30円)追加すればアンリミテッド(無制限)にグレードアップ可能なので、ライスのみは食べ放題にできます。

チキン以外には、フィリピン料理のシシグもあり、これも美味しかったです。

シシグセットをオーダーした時は、テーブルに座るとスープをもらいました。

このスープはフィリピン料理のシニガンスープと同じく酸味が効いていました。

正直、南国で酸っぱいスープを飲んだから腐ってるんじゃないかと疑ってしまいましたが…。

チョウキン(ファストフード)

チョウキン(Chowking)もまたファストフードで、こちらは中華料理です。

安価に中華料理を食べたいときには良く、至る所に店舗がある人気チェーン店。

僕はお腹が空いていたのでたっぷりのセットメニューを選んで184ペソ(約400円)。

クオリティ的には中華っぽい中華といった程度ではありますが、手軽に食べれる点は有難いです。

Tonkatsuya

とても評判の高い日本人によるとんかつ屋さん。

日本食屋さんの大半は日本と似たり寄ったりの値段と現地では高額なのですが、このとんかつ屋さんはローカルプライスに限りなく近づけていました。

僕が食べた豚カツ定食は220ペソ(約480円)。

付け合わせのナムルも美味しいし、豚カツ自体も間違いない味なので、値段と味ともにお勧めです。

三ツ矢堂ラーメン食堂

マカティにあるショッピングモール「グロリエッタ」の4階屋上にあるジャパンタウン。

日本食レストランをまとめたエリアです。

そこにあった三ツ矢堂ラーメン食堂というラーメン屋さん。

ラーメン単品ならば180ペソと海外のラーメン屋としては非常に良心的な価格。

おにぎりがあったのは嬉しかった。

ラーメン屋ならばたいていは丼ものもあるけど、丼ものだとちょっと重いと言う時におにぎりはちょうど良いサイズです。

ラーメンの味は可もなく不可もなくといった感じですが、とにかくコストパフォーマンスが優れています。

シャワルマ・スナック・センター

フィリピンに来る前の情報収集で食べたいなと思っていた料理の一つだったシャワルマ。

まぁ、フィリピン料理ではなく中東料理で、いわゆるケバブなんですけど(ケンタッキーのツイスターみたいなやつ)。

で、シャワルマの口コミ評価が高かったので訪れたのがここ。

メニューはかなり豊富だったけど、目的はシャワルマなのでシャワルマをオーダーするとなぜか3本セットの値段をレジに打ち込む。

「1本しか食べないよ」と言うと、レジを打ち直していたけど、みんな3本セットを食べるのが普通なのかな!?

そして飲み物はスイカジュース。

シャワルマが到着して分かったけど、これは3本いける。

だけど、1本だけなら小腹が空いた時もいけるから、これはこれで良し。

予想外の美味しさだったのがスイカジュース。

2年前にベトナムで飲んだスイカジュースが美味しくてハマり、その後も色んな国でスイカジュースを飲んだけどどれも外れ。

そして2年振りに、大当たりのスイカジュースを当てることに。

甘いスイカをそのまま飲んでるような幸せな味でした。

ちなみに、シャワルマは一本で70ペソ(約150円)、スイカジュースは125ペソ(約270円)でした。

海舟

この日本食レストランは、帰りのフライト前にマニラ空港ターミナル3にありました。

正直、空港の店舗で名前も知らないレストランだったので美味しくないんだろうなと思いながら、時間つぶしも兼ねて唐揚げ定食をオーダー。

日本では見ない盛り付けで、なんだか少しオシャレに感じちゃいました。

昨日、チョウキンで唐揚げを食べていて、唐揚げが衣ばかりで中身がスカスカだったので似たような唐揚げを想像してパクリ。

あ、普通に美味しい。

普通に美味しいってだけで、とても良い意味で期待を裏切ってくれてありがたい。

お値段は、唐揚げ定食が280ペソ(約600円)でした。

この値段ならもう少しボリュームがあったら嬉しいですね。

なんだか値段の感覚が分からないけど、日本の方が安くてボリュームがある気がします。

特にランチタイムなら。

勝手知ったる日本の方がフィリピンよりも食費を抑えられると思うと、やっぱり日本の経済って明らかにヤバいですね。

いわゆる後進国と言われる国を訪れている方ならば、すでに分かっているとは思いますが…。

まとめ

今回は体調不良もあり、あまりローカルフードを食べなかったような。

かなり油ギトギトなので、元気じゃないとローカルフードを頼もうという気にはなれないし…。

なんだか今回はあまりサーフィンもせずに終わってしまいましたが、これからも今回の旅で体験したことをシェアしていきたいと思います。