2019年10月9日インドネシアサーフトリップDay9:スンバワ島レイキー

via MSW

潮回り的には、今朝6時頃はまだ2メートル近く潮があるのでペリスコープには問題ないはず。

スウェルはサイズダウンしているけど、何とかなるでしょう。

ちなみに、レイキーは5時20分頃には薄明かりで外でも十分に視界が効くくらいになります。

早朝のレイキーピーク狙いなら、5時15分くらいから外に出てパドルアウトしても良いんじゃないかな。

僕は4時には起きて仕事をしたりストレッチをし、5時半前には部屋を出てバイク置き場へ。

すでにバイク置き場にはサーファーがいる気配がして、到着して見るとガールズとローカルガイドの姿が。

「どこに行くの?」と聞くと、コブルストーンとのこと。

場所が被らなくて良かったと思いながら、ペリスコープへとゴー!!

15分ほどの移動でペリスコープに到着し、波をチェックすると…。

出来るっちゃ出来るけど、入るまでもないかな…。

サーファーが1人だけ入ってるけど。

それよりも、メチャクチャ怖かったのがバッファローの集団。

6~7頭の群れがビーチにいて、ペリスコープには屋根付きのサーフ小屋が一つだけあるのでそこで波チェックをしていると、僕の方に接近。

最初は気にも留めていなかったものの、親と見られる数百キロはありそうなバッファローが僕の方をずっとチェックしていて威嚇し出したので、これはまずいと思って高床式のサーフ小屋に避難して視線を外すことに。

何事もなくバッファローはいなくなったのですが、

怖い怖い。

15分くらい波チェックをして、唯一海に入ってるサーファーも波に乗れていなかったので今日のペリスコープは厳しいとバイクに乗って踵を返すことに。

すると、昨日の朝も顔を合わせた近くに住むおっちゃんが近付いてきて、昨日同様に「パギ(おはよう)」と言うと、怖い剣幕&声でインドネシア語をまくし立ててきました。

どうやら、駐車料金を払えという事で指で「2」を指したので「2k(約16円)」と分かったものの、英語とジェスチャーで「今はお金持ってきてないから、次に来た時に払うね」と解決。

あの怒鳴りつけるように接近してくる態度はむちゃくちゃ苦手です。

学生時代の体育教員なんかも苦手でした…。

怖いって言うよりも、自分が全て正しいといった威圧的な態度がなんかね…。

その後は帰りの道すがら、とりあえずヌンガスをチェック。

これも微妙…。

で、バイクに乗ろうとするとローカルから「潮が引き過ぎてて良くないよね」との声が。

いや、今日のロータイドは10時で1.2メートルもあるし、今はまだ6時だから2メートル弱はあるし。

敢えて突っ込みは入れませんでしたが、ローカルは適当です。

みなさん、インドネシアに来たらネットで簡単にタイドチャートを調べられるので、自分で調べましょう。

どうしたものかと思い、とりあえずローカルガイドがガールズをコブルストーンに連れて行ったってことは、コブルストーンができるんじゃないかと思いチェックに。

で、到着したコブルストーン。

コブルストーンはこれまでに一度も入ったことがなく、今回も入る気がせず…。

出来なくはないんですが、インドネシアに来ると贅沢になります。

しょうがなくレイキーに戻ると、再びのバッファローが…。

こっちのバッファローは人が多いエリアにいるせいか、アグレッシブではありませんでした(笑)。

そんなこんなで、まだ7時前と宿の朝食を取れないのでレイキーの波チェック。

レイキーピークはまだまだ十分に波があるな~。

僕からしたらメチャクチャ混んでるレベルですが。

レイキーパイプもそこそこ入ってるけど、波数が少ない。

宿の朝食は一応7時スタートだけど、7時を回ってもまだ朝食会場のカフェが開いてない。

もうお腹が空いたので、とりあえずはいつものフルーツサラダ。

その後は部屋に戻って仕事をし、9時過ぎに今度は宿の朝食を。

すると、同じ宿に泊まってる日本人の方がいたので色々とお話をさせてもらって情報交換。

次はスンバ島に行ってみよっかな~。

今回もスンバ島を候補に入れていて調べてはいたけど、宿代がオールインクルーシブで結構高い場所が多くてパスしました。

でも、実際に行った人の情報を聞くと行きたくなりますね!

9時半頃になり、多少風が入っても空いてる方が良いと思い、ようやくレイキーピークへ入ることに。

ただ、朝のラインナップは15人だったのに、空くと思って入った頃には20名も入ってました…

しかも、どう考えても朝の方が波は良かったし。

分からないもんだ。

サイズがオーバーヘッドほどとそれほどではないので、みんなの狙いはレフト。

ならば、僕はライトに狙いを絞り、ショートライドながらも本数を稼ぎ、1時間半ほどでサクッと終了。

実は10時近くまでなれば水温も上がってくると思いTシャツで入ったのですが、実際は僕にはタッパーが必要な水温で寒くなっちゃいました…。

でも、タッパーじゃなくTシャツだとパドルが全然楽。

お昼前にサーフィンを終え、その後は仕事をしてから夕方になりランチ兼ディナーへ。

今日はどのレストランに行こうかなって思い、過去3回滞在したアマンガティのレストランにまだ行ってなかったので、行ってみることに。

このレストランは3階建てになっていて、レイキーのラインナップをチェックすることができて最高。

食事は、昔は高いなって思っていたけど、それほどでもないような。

他のレストランと比べて、全体的に10k(約80円)ほど高いといった程度で。

で、バーガー系では最も高い55k(約440円)のアマンガティバーガーにトライ。

ドリンクはコーラにして、コーラは安いところでは5kで買えるのに16kと少し高いな~。

そんなことを思いながら、バーガーが到着。

でか!!

パクっと口を開いても、全体をかじることができない(笑)。

とんでもないボリュームで、これなら55kの価値はあるなと思いました。

味も良かったし。

最後のオチとして、食事を終えてお会計する時に71kだったので100kを出したら、お釣りがないと言われました。

お釣りはわずか29k(約230円)で、ここはレストランなのに…。

なんだろう、インドネシアってお金は大きな誘惑になるから、できるだけ現金を置かないようにしてるのかな!?

そんな感じで本日は終了。

明日はいよいよ、一日フルで滞在する最終日。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン