インドネシアサーフトリップDay19:クルイ編(2018/11/12)

日々悪天候続きだったクルイにて、珍しく朝から日差しが眩しく気持ち良い朝。

やっぱり天気が悪いと気分も滅入ってくるな~。

天気が良い事で気分が良くなり、どうせサーフィンする気もないのに朝食後はビーチまで出て、ちょこちょこと撮影。

太陽が出ていると写真も生き生きとしているような感じがしちゃいます。

部屋に戻るとこれまでオーナーと思っていた人物から「後でオーナーが明日の件について話し合いに来るから」とのメールが。

ならばと、どうせ海にも入らないので午前中からレストランスペースでビールを飲みながらダラダラ。

ダラダラしていてもオーナーがやってくる気配はないので、しょうがなく部屋へ戻ることに。

この日は本当にダラダラしていて何もしていないので、少し脱線した話題を。

アジアを旅した方なら誰もが知ってると思いますが、トイレで用を終えた後のウォシュレットとは異なる水洗い。

マレーシアの国際空港などでは、手桶ではないものの、シャワーなどがトイレ脇に付いていて、便座が水浸しなので今も普通に使用されていることが分かります。

僕も知識としては知っていたのですが、今回の宿のトイレがまさにそれで、しかも手桶という最もベーシックなスタイルでした。

これまで使ったことはなかったのですが、郷に入っては郷に従えということでトライ。

初めこそは抵抗があったものの、すぐに慣れて二回目以降は「エコで良いんじゃない」と思えるほどに。

ちなみに、実際に使ってみて便座がビチョビチョになる理由が分かりました。

体後方から水をかければ便座はあまり濡れないはずですが、前方からかけないと狙った方向へと届かず、結局前方からかけることになるので水浸しのようです。

僕の使い方が正しいのかどうかは分かりませんが…。

トイレの話をした後にふさわしくないのですが、お昼を過ぎてからはランチへ。

今日が最後のランチになるので、クルイ中心部へとお散歩をしながらワルン探し。

そこで見つけたのが、グーグルマップにも載っていたパダン料理屋。

「ナシチャンプル」と聞くと「ナシパダン」と言われ、それからは指差しで料理を選択。

パダン料理らしくピリ辛で、味は僕の大好物なローカルフード特有の良い意味で洗練されていないタイプ。

これだけの量で値段は11,000ルピア(約80円)でした。

午後3時前くらいに宿に戻ると、やはりと言った感じで雨が降り始め、次第にいつもの豪雨となることに。

6時くらいになると、さすがにまだオーナーと明日の話をしていないのはおかしいと思い、再び誰だか分からない相手にメールをしてしばらくすると、僕の部屋(2階)にスタッフがやって来て「下でオーナーが待ってるから来て」とのこと。

そこでオーナー夫婦と話すと、明日の空港送迎は全く問題なく、僕が指定した時刻でも大丈夫とのこと。

送迎してくれるドライバーを確保できるのかが心配だったので、その点だけはメールで事前に知らせて欲しかったな。

なんやかんやで、その場ではメッセージアプリで連絡先を交換をしたり、記念撮影をして、明朝に再びお別れすることでバイバイ。

僕はレストランからビンタンを2本ゲットして部屋に戻り、クルイ最終日は終了することに。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン