マレーシアサーフトリップDay15~16:クアンタン編(2019/1/24~1/25)

チェラティンまで1時間もかからないクアンタンに敢えて滞在した理由は、チェラティンよりも宿代が安いことと仕事に専念するため。

クアンタンくらい都市部から離れていれば小さな町と侮っていたのですが、意外にもショッピングモールが数軒あったりと大きかったです。

ただ、仕事メインのつもりだったので観光に出る事はなく、食事だけ楽しみに外出といった感じでした。

クアンタンの中心地

クアンタンはほとんどリサーチをしないでやって来た上、食事以外ではほとんど出歩きませんでした。

なので良く分かりませんが、おそらくショッピングモールがあったことから僕がフラフラ歩いていたのはシティセンターでしょう。

ショッピングモール周辺は栄えているものの、少し離れると広い道路がメインと日本の郊外に近い印象でした。

食事

近場のレストラン探しは、旅には最強なアプリのグーグルマップを使う事に。

マレーシアに来てから2週間ほど日本食を食べていないことに気付き、日本食レストランを探して訪れて見ました。

クアンタン到着の翌日にランチとして訪れたレストランでは、親子丼と炙り寿司セットを。

激マズだったのでお店の名前は出しません(笑)。

このお店以外では、ショッピングモールに吉野家が入っていたのでゴー。

吉野家は間違いなし。

温玉牛丼の並に味噌汁と緑茶のセットで21.5リンギット(約600円)でした。

ここ最近、東南アジアで吉野家が増えているんですかね!?

インドネシアにもあったりと嬉しい限りです。

日本食以外では、宿のスタッフにお勧めを聞いて中華レストランで朝食を食べてみました。

朝食メニューは決まっているらしく、あまりコミュニケーションが取れないながらもオーダーを終え、やって来た料理は以下の通り。

朝にしてはかなり豪華な感じで、値段は12.4リンギット(約350円)と安かったです。

セブンイレブンでの出来事

基本的には良い人としか出会っていないマレーシア。

でしたが、クアンタンのセブンイレブンでたかられました。

ビールを購入するために寄ったセブンのレジで、レジスタッフから「オレにも一本ビール買ってよ」と…。

最初は英語が分からない振りをしていたのですが何度も言ってくるので「What are you talking about?」と返すとたかりが終了。

お客さんにたかってくるとは、とてつもなく強いハートの持ち主でした(笑)。

まとめ

クアンタンに滞在したのは本当に予定にはなく、たまたまだったのですがこうゆう滞在もありかなと思いました。

クアンタンで感じた事は、「ユニクロ」はどこにでもあるなという点。

クアラルンプールでもそうでしたが、どこを歩いていてもユニクロが目に付くほどでした(笑)。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン