インドネシアサーフトリップ15日目:バリ島チャングー(2017/7/14)

今朝も雨と風が止まらず、いつも通りといった感じのチャングー。

いくらビッグスウェルが入りやすい時期とは言え、波のフェイスが荒れるほどの風が日々吹き続ける時期がハイシーズンとは…。

ちなみに、ここまでの日々で早朝に無風の日もありましたが、大抵は午前8~9時頃にはサイドショア~オンショアが強めに吹き始め、日没まで吹き続けています。

そんなこんなで急いで海に入る理由もなく、午前8時頃に潮が上げて来てライトが入れる時間帯に合わせて朝食を取ることに。

宿のレストランからの光景。右手がペレレナンビーチのライト、左手がエコービーチのサンドバー

大量のバイク学生が…

今朝はなぜか、午前6時過ぎくらいからとんでもない数の学生が集まっていました。

しかも、みんなバイクでやって来てるので、駐車場というか広場の奥に停めていたサーファーは車を出すことができない状況に。

ちなみに、宿のスタッフに理由を聞いてみたのですが、「ははは」と笑って終わり。

インドネシアに来て感じたことの一つとして、こっちが喋った言葉の意味が分からない時、聞き返してくれないんですよね。

大抵の場合、勝手に質問を予想して答えた的外れな回答になるか、質問には答えずに笑顔で流してしまうだけ。

英語が全く喋れなかった頃の自分を振り返り、反省してしまいます…。

その後、朝食を取っている時に階下では、男の子の学生二人による殴り合いのケンカが勃発。

明らかに見た目的に強そうな子が挑発し、弱そうな子がパンチを繰り出すとやり返すケンカ。

しばらくすると弱そうな子が降参したのか、二人はとことんまでやり合う事もなく、ハグをして仲直りしていました。

なんだか、素敵な青春ドラマを見せてもらいました。

さてさて、朝食後はライトに入ることに。

入る前は朝一の風が少し弱まっていたので、サーファーも少ないし意外と良いのかもと思いましたが、入ってみるとフェイスはガタガタ。

上手くなるならどんなコンディションでも入るべきというのは当然ですが、「胸~肩のフェイスが荒れた波に乗るために海外に来たわけじゃね~よ」と心で叫びながら、一時間ほどで終了。

その後は、MSWの予報通りに6~10フィートまでサイズアップするのか楽しみにしていたのですが、あれれ。

サイズが一向に上がってこない…。

とりあえずステーキサンドウィッチを食べて待機。

ステーキとポテトだけにしか見えませんが…

夕方になっても状況は変わらず、ビッグスウェルはいずこへ。

サーフ出来ないなら撮影とも思っていたのですが、撮影するほどの波でもない毎日だったような。

もしかして、明日の朝はミラクルがあるのかな!?

ほぼ期待はしていませんが。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン