マレーシアサーフトリップDay17:チェラティン編(2019/1/26)

今日はチェラティンへと戻る日。

と言っても、現在滞在しているクアンタン市内からタクシーで45分くらいの距離なので近い近い。

朝の時点で前回チェラティンで滞在した宿のオーナーにSMSで連絡をして、宿の確保は完了。

ちなみに、7時前に部屋の窓から外を眺めると、まだまだ真っ暗。

お昼までは仕事してから行こうと考えていると、なぜだか昨夜から調子の悪かったSIMカードのネット速度が遅い。

45Gもの容量のカードを買ったので、さすがに使い切ったはずはないのに。

スマホの電源を再起動させても解決せず、どうしたものかと宿のWi-Fiを使い通信会社のアプリをダウンロードしたりと確認していると、チェックしていなかったSMSが。

え、45ギガを全て使い切ったの!?

あり得ない。

そこで、設定画面からマレーシアのSIMカード利用後のデータ使用量をチェック。

約20ギガ使ってるけど、45ギガには程遠い。

一番たっかいSIMカード買ったのにどうゆうこと!?

現状ネットがまともに使えないので、もともとのデータ量について考えても意味はなく、とにかくチャージするのみ。

そこで、インドネシアでは可能だった通信会社アプリからクレジットカードを使ってチャージしようとしたけど不可。

日本で発行されたクレジットカードだからかな!?

こっちに来てから、最初は使えたGrab登録のクレジットカードが一時期使えなくなったり、なんかクレジットカードの利用が不安定なのが面倒くさい…。

決してクレジットカードが料金未払いで止められているわけではなく、通常のお店では使えているのですが…。

SIMカードのチャージはオンラインでできないなら、チェラティン出発時にコンビニでやるとして、まずは宿のWi-Fiを使って仕事をしてからお昼前頃に出発。

サーフボードがないので、バスでチェラティンに向かおうとテクテク移動。

車社会のせいか、ちゃんとした歩道のない道路も多くてちょっと怖い…。

そんなこんなで事前に調べておいたバス停付近のセブンイレブンに寄り、10ギガ分のインターネットチャージを購入し、レシートに記されたPINコード入力でチャージをすることに。

でも、なかなか上手くできず結局はセブンイレブンの店員さんに手伝ってもらって無事に解決。

無事にチャージ後、グーグルマップでバスの時刻を見ると(20分おきに運行)、すでに到着時刻1分前だったので焦ってバス停にダッシュしましたが、東南アジアなので予定通りに来るわけもなく、楽々乗れちゃいました。

グーグルマップを見ると第一の目的地までは1時間半と表示され、タクシーでは20分ほどの距離だった気が…。

結局50分ほど掛かりましたが、グーグルマップの予定時間はバスに関してはあてにならないかも。

クアンタン市内からチェラティンまでは、バロックという町を経由するので乗り換えが必要。

ただ、バロックのバス停にはチェラティン行きのバスの番号の表示がない…。

まぁいいかという事で、バロックからチェラティンまではGrabを使いました。

クアンタン市内からチェラティンまでGrabを使うと60~70リンギットほどで、クアンタン市内からバロックのバスは2リンギット、バロックからチェラティンのGrabは20リンギットと十分に節約できたし。

そんなこんなで13時頃にチェラティンに帰ってきた~。

部屋は前回と違い、こっちの方が同じ料金なのに良いかも。

テレビは大きいし(見ないけど)、洗面台の蛇口の水はしっかり流しに落ちるし。

洗面台の水と言えば、前回の部屋では蛇口の水がシンクの端に落ちて思いっきり跳ね返ってくるという欠陥品だったのです…。

なにはともあれ、この日は何も食べていなかったのでいつもの中華レストランへ。

野菜炒めとライス、そしてビールと相変わらずだ…。

そして明日からサイズアップ予報となっているので、肩慣らしとして夕方には軽く海へ。

この時のセッションは全く記憶に残っていないので良くなかったんだろうな。

夜は夜で再びの中華レストランで食事。

明日から本当にサイズアップするのかな!?

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン