インドネシアサーフトリップ14日目:バリ島チャングー(2017/7/13)

5時過ぎに起床すると、雨が降っていたり風がすでに入っていたりと散々な状況。

そー言えば、チャングーに来てからは空に雲一つない晴天には巡り合えていないような。

乾季のはずなのに…。

6時過ぎ頃になると海の様子も見えるようになり、波チェックをするもののフェイスはガタガタになり、さらにライトは潮が足りなくてサーフ不可。

宿のベランダ左手に見えるサンドバーをチェックすると、サンドバーはサーフ可能なものの、ピークには早くも上手いサーファーが集まり、とてもセットを狙えるような状況ではありませんでした…。

この日はそのまま風が吹き続け、もはや海に入る気持ちは無くなったので仕事に励むことに。

ベッドに座りながらパソコン作業をし、部屋の窓から海が見える環境は悪くないんですけどね。

さて、少しチャングーの話をすると、僕がステイしているのはペレレナンビーチの真正面。

ビーチから宿を見るとこんな感じです。

チャングー滞在時のホテル

写真に写っている建物最上部の右端が屋上プール、その隣の屋根のついている場所が宿併設レストランとなっていて、建物の構造としては三階部分となります。

僕がステイしたのはプールやレストラン階下の二階部分で七部屋連なっています。

ちなみに、左側に屋根が付いている建物の二階部分もレストランで、その階下は屋外シャワー、駐車場、厨房、受付となります。

この宿には写真では見えませんが、プール側の建物一階部分にも部屋があります。

二階部分の七部屋同様、一階にもおそらく七部屋あるのでしょう。

見に行ってませんが…。

部屋の区分としては、二階部分がオーシャンビュー、一階部分がガーデンビューとなっていて、値段はオーシャンビューの方が2倍弱ほど高くなります。

宿探しをしている時は値段を考慮し相当悩みましたが、せっかくだからとオーシャンビューにして正解。

常にベッドから波チェックできるのですから。

ベランダからの景色

ちなみに、一階部分はガーデンビューと言いながら、植木の先は壁になっています…。

海の見える部屋がある宿で、この光景は辛いですよね。

2階ベランダから1階に向けての撮影

この日の夜は、海に入っていないということもありお腹もそこまで空かず。

宿のレストランに食べに行くまでもない(結構高いので)ということで、ビーチへとお散歩に。

ちなみに、レストランのメニューリストは以下の通り。

夕方くらいになるとビーチには出店があるので、そこで数十円のカップラーメンを買ってみることに。

ちょうど宿には湯沸かしポッドもあるので面白いかなと思って。

購入時、フォークはどうするんだろうと思って聞いてみると「inside」と一言。

釈然としないままカップラーメンの蓋を開けてみて納得です。

カップヌードルの蓋を開けたら…

なんだかインドネシアと言うか、東南アジアらしいですよね。こういった事に関する機転は最高です。

おそらく、カップラーメンは観光客よりもローカル向けの食べるものなので、自分たちに関するものは便利にしているのでしょう(笑)。

そんなこんなで、15日の夜遅くにはバリ島発の飛行機で帰国するので、残り日数もわずかになってきました。

そんな帰国間近の明日の予報はこんな感じ。

MSWの波予報

本当かな?

お昼から6~10フィートまでサイズアップって。

そうなれば、僕がサーフィンできる波ではないけれど、撮影が楽しめそうな感じが。

ただ、MSWの予報は下がる時は当たるんですけど、上がる時は外れる時が多いような。

あまり過剰な期待はしないで、明日を迎えてみたいと思います。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン