台湾&フィリピンサーフトリップ7日目:東河(東台湾)編(2017/10/29)

本日はいよいよタマちゃんの東台湾トリップ最終日。

お昼にはタマちゃんが東台湾を離れるので、朝一は波が多少良くなくても一緒にサーフしようと思っていました。

普段は朝一サーフしないコージ君も起きて、3人で海へと向かうことに。

昨日みたいにエピックコンディションが予想されてないにも関わらず、タマちゃんのラストサーフに同行したいとコージ君に思わせたのは、タマちゃんの人徳ですね。

朝のサーフチェックでは、金樽漁港メインでセット頭くらいあるものの、あまりコンディションは良くない状況。

金樽漁港メイン

金樽漁港メイン

僕一人なら間違いなく宿に戻るところですが、波乗りに熱いタマちゃんは入るということで、コージ君とタマちゃんが入り、僕は少し撮影してから海に入るという流れに。

実はタマちゃん、玉石のサーフスポットが大の苦手とのこと(タマちゃんは東台湾リピーターなのに…)。

その理由は、玉石を歩いていると足が痛いし、ショアブレイクがドッカンとブレイクするため。

じゃあ、リーフブーツ履けば良いのに思うけど、サーフボードに乗った時の感触が素足の方が良いとのことで(僕も同様で、海外トリップでリーフブーツを必ず持参しますがほとんど履きません)、天才的なアイディアを試すことに。

それは、普通の靴下を履いて海に入り、玉石をクリアして水深のある場所に行ったら、ボードショーツのポケットに靴下をしまうというアイディア!

実際に試したタマちゃんの感想はと言うと、あまりお勧めではないとのこと。

そりゃそうだ…。

天敵のショアブレイクと戦うタマちゃん

二人が入り、僕は撮影ということでラインナップを俯瞰的に見ていたのですが、お世辞にもコンディションは良くなく、サーファーはそこそこ入っていたものの、波に乗るサーファーは少なめ。

タマちゃんが一本だけロングライドしたのですが、東台湾では朝日が逆光になるので気付かずに撮影できず…。

ライディング後にタマちゃんがこっちに手を挙げた時は、申し訳ない気持ちになりましたが…。

しばらくすると、やっぱり二人は上がってくることに。

良くないもんね…。

でも、タマちゃんのラストサーフということで、これでは終われません。

今度は金樽漁港のレフトに入るということで、僕も一緒に海へ。

金樽漁港レフト

金樽漁港レフト

個人的に東河でベストだと思うのが金樽漁港レフトのインサイドで、僕にとってはバックサイドになるものの、厚めの波が多い東河の中ではパワーがあってショルダーの張る波がブレイク。

入ってすぐは、そこそこの波に乗ることができたのですが、しばらくするとチーン…。

波は良くなかったのですが、このラストサーフもタマちゃんに笑わせてもらいました。

僕とコージ君が海へとエントリー後、苦手な玉石でじっくりとタイミングを見計らってから海に入ってきたタマちゃん。

タマちゃんはサーフキャップを被っているので分かりづらかったのですが、遠目から見るとタマちゃんの目元が黒いような気が…。

はい、タマちゃんはサングラスをかけたまま海に入ってきたのです。

本人曰く、「やけに日差しが眩しくないな」と思っていたとか(笑)。

ラインナップ到着後、サングラスをなくさないためにタマちゃんが取った手段は、タッパーの背中部分にサングラスを入れるというもの。

当然、一本波に乗ったら、サングラスは海の藻屑と化したそうですが…。

そんなこんなで朝一サーフを終え、朝一後は夕方までオンショアが強めに吹くのが通例なので、タマちゃんとビールタイム。

お昼までダラダラ過ごした後、最後はタマちゃんを見送りにバス停まで。

タマちゃんの大きな荷物はサーフボードバッグのみですが、ボードを2本入れてるとは言え17キロもあったとか。

タマちゃんよりも長期旅行の僕でも、ボードを2本入れてて13キロなんですけど…。

タマちゃん、何入れてるの!?

そしてついにお別れの時が。

タマちゃんまたね~!

タマちゃんがいなくなった後、朝からビールを飲んでいたのでお昼寝をしたりしながら夕方に波チェック。

波はどうなんだろう!?

写真も撮らないほど良くなかったので、本日はこれにて終了。

ちなみに、本日は昨日狙って外した成功(チェンゴン)のコンディションが良かったと、ローカルのSNS情報をチェックしたコージ君から知らされることに…。

これまで、MSW(Magic Sea Weed)の情報頼りでしたが、ローカルの気象予報をチェックしないとダメだなと実感させられました。

なんだか波を外しまくっているような…。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン