インドネシアサーフトリップDay9:チマジャ(2019/5/25)

本日の波情報。

朝一から期待して4時半には起床し、少し仕事してから5時半には出発。

チマジャに到着すると、すでに一人だけサーファーが入っていて、セットはこれまでで最もサイズがあるといった感じだけどワイドなブレイクで、少し様子見をすることに。

今日こそはバレルパーティーになるかなと思い、持参したGoProで撮影した写真は以下の通り。

しばらく波チェックしていると、長期滞在の日本人サーファーとオージーサーファーが来て、オージーサーファーが「ワイドブレイクなのはスウェルの向きが南過ぎるからでしょ」と言い納得。

そうだ、あんまりスウェルの向きを考えてなかった。

ちなみに、トラベルサーファー定番のMSW(Magic Sea Weed)を使うと、パソコンやタブレットではスウェルの角度をチェックできますが、スマホだと確認できないので注意が必要です。

まぁ、やれなくはないコンディションなので海に入り、1時間ほどでサクッと終了。

海上がりに撮影すると、やっぱりブレイクがワイドで厳しい。

とりあえず宿に戻り、アルファマートで朝食を購入して食べることに。

何とも寂しい食事続きだ。

滞在している宿にはキッチンもあるから、食材を買ってきて作れば良かったかも。

7時過ぎに海から戻って来ると、キッチンの床ではローカルがまだ寝てるけど…。

9時半頃になり再び波チェックに行くと、ぱっと見はそんなに悪くないけど、波がブレイクし始めると繋がる感じ。

う~ん。

続いての波チェックは13時過ぎ。

どうなんだろう!?

多分、良いコンディションとは言えないかな!?

この日のブログは書いてたつもりだったけど実際には書いてなく、朝一以外は海に入ったのかどうかすら覚えてません…。

おそらく入ってないと思うけど…。

波が良くなければお菓子!という事で、アルファマートのPB(プライベートブランド)を試してみることに。

こういったスナック系は間違いないと思っていたけど、サクサクじゃなくて湿ってて美味しくない。

PBなのにあまり安くもなかったから期待してたけど残念…。

その後は仕事に専念し、夜になってからは宿から近いレストランへ。

値段はローカルプライスだし、チマジャで最安値のビールを提供しているのがここ。

ビール最安値といっても、ラージビンタンの値段が80円くらい違う程度ですが。

ただ、僕の場合はインドネシア1カ月滞在でラージビンタンを一日2本の単純計算で計60本くらい飲んだので、5,000円近い差が生まれる。

ですが、宿で飲む分には顔馴染みのワルンで買ってたけど。

何だか波を外し続け、そろそろチマジャを離れたくなってきた今日この頃。

どうしよっかな~。

パチタンに行くつもりだったけど、風が良くない予報なので行く気は失せてるし…。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン