インドネシアサーフトリップDay8:チマジャ(2019/5/24)

本日の波予報。

ようやく期待のスウェル到来予報でワクワクしていたけど、先週の肩透かしもあったし、まずは撮影ということでサーフボードは持たずにゴー。

良いんだけど思ったほどサイズアップしてないような…。

1時間ほど波チェックして、少しずつサーファーが増えてきてからようやく入る決意をして、とりあえずのモーニングサーフへ。

セットは本数が少ないので、ミドルセクション辺りで本数稼ぎをしながらのサーフですが、ミドルは厚めでブレイクがゆっくりしているので、考えながら乗れて楽しい。

自分のレールワークの下手さを実感しながら、体重の掛け方を意識しようと思ってもいつも通りでへこむこと多々。

上手くなるために、もっともっと意識しながらサーフしなきゃ。

宿に戻ってからは、カップラーメンやお菓子で凌ぐいつものペース。

それから仕事をしながら、そろそろスウェルが入ってくるかなと気になってお昼過ぎに波チェック。

うん、普通に良い。

インドネシアスタンダードで考えすぎるから微妙だと思うけど、日本と比べると圧倒的にグッドウェイブ。

ということで、夕方前まではまだ混雑が緩和されているので、このタイミングを逃さずに入ることに。

本数が少ないセットを捨てて、いつも通りのミドル狙いだとポンポンと乗れる乗れる。

十分に練習になるし楽しい!

セットがコンスタントに入ってバレルになるなら、間違いなくセット狙いですが、そこまで良くないなら本数狙いのミドルが個人的には好きです。

ファンセッションを終え、宿に戻ってバリ島クラマスでのCTイベントをチェックしたりして、夕方になって再びの波チェック。

まだまだいい感じの波が入ってる。

波チェックしてる時にオージーサーファーがビールを飲んでリラックスしていたので、撮影しながらちょこちょこと会話。

どこに住んでいるのか聞くと「知らないと思うけどヤンバ」と言われ、僕もオーストラリアで過去に暮らしていて、さほど遠くない「コフスハーバー」に住んでたんだよと話すと話は盛り上がることに。

ヤンバ在住ということで、ナット・ヤングのホームのアンゴーリーでもサーフするのとか聞くと、ナットの息子のブライス・ヤングとはつるんでるけどねと。

ブライス・ヤングってヴィスラライダーとして有名で、「ブライスのフィンレスってヤバいよね」と言うと、「なんでブライスのこと知ってるの?」と、世界的に有名になっていることを知らなかった様子。

まぁ、本当の意味で友達なのかも定かではないので何とも言えないのですが、オージーイングリッシュを聞くと落ち着きます。

そんなこんなで会話を楽しんでいると、一人のローカルが上がってきて、フィンが一本無くなってる…。

フィンボックスが壊れていなかったのが不幸中の幸いですが、僕だったらかなりへこむな…。

日が暮れてからは、まともな食事がしたくてデニーのレストランへ。

今回のチマジャ初サーフとしてサワルナを訪れた時のドライバーがデニーでした。

お勧めのメニューを聞くと、辛いのがいけるなら「ホット&スパイシーチキン」と言われて頼むことに。

見た目からして辛く、実際にも辛かったのですが僕は大好き。

口の中をヒリヒリさせながらビンタンを飲む時間は最高です。

お腹いっぱいになり、気付けば21時頃には眠りに落ちていたような…。

サーフしたり仕事したりと慌ただしいながらも、充実した日々は続きます。

心の中では、サラリーマンみたいに完全なオフで来たいと思ったりもしますが…。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン