海外キャッシングのACマスターカード!海外利用でセキュリティロックされることに

海外での為替の両替レートにおいて、ほぼ最強と言えるのがクレジットカードによる海外キャッシング。

キャッシングとはクレカ会社から借金することになるのですが、金利を繰り上げ返済することでほぼ手数料がかからずに両替できてしまうのです。

そんな海外キャッシングにもクレカ会社によって利用条件が異なり、現在のベストと言えるのがアコムのクレカ「ACマスターカード」。

おそらくクレカで海外キャッシングしている方の大半が所有していると思いますが、僕は先日インドネシアでの利用でセキュリティロックを掛けられて使えなくなりました。

今回の記事は、ACマスターカードの海外利用セキュリティロックに関する内容をシェアします。


スポンサーリンク

ACマスターカードがお勧めの理由

ざっくりですがACマスターカードが手数料最安となる理由を記しておくと、クレカの海外キャッシングは通常ですとクレカ会社は貸し付けた金額の金利で利益を上げます。

なのですが、この金利を借りた日にオンラインで繰り上げ返済できるのが僕が知る限りACマスターカードのみなので、手数料最安となるのです。

しかも、クレジットカードの年会費が無料なのも嬉しい点です。

ACマスターカードの海外利用について

僕はコロナ渦にACマスターカードを作ったので、初の海外利用となったのは今年の1~3月まで滞在していたスリランカ。

スリランカでは一切の問題なく海外キャッシングが使え、まぁいつも通りといった感じでした。

しかし、5月終わりからインドネシアを訪れていて、利用可能なはずのATMで海外キャッシングできないことが多々。

主にダメだったのはコンビニのATMで、そこで銀行の実店舗のATMを使うと引き下ろしができたので、場所を選ぶのかなと思いました。

ただ、コンビニで下せないのは非常に不便なので、バックアップとして用意しているセディナカードと国際キャッシュカードを使おうと決意。

そんな折に、日本から一本の電話が。

インドネシアでACマスターカードが使えなかった理由

インドネシアにいながら日本から普通に電話が掛かってきたのは、僕が楽天モバイルを利用しているためで、その件についてはまたの機会で(超便利です)。

で、電話が来たのですが、知らない番号だったのでスルーして、コールが終わってからネットで番号検索するとACマスターカードを発行しているアコムからでした。

ただし、留守電を残すわけでもないので連絡してきた理由が判然としないのですが、おそらく海外利用に関してだろうと推測。

そして翌日も同じ番号からかかってきたので出るとアコムからで、アコムは金融業という事で人によっては周りに知られたくない人もいるので、メッセージなど残さずに本人と直接やり取りするスタイルのようです。

僕はクレカ利用なので、要件は残してもらった方が早く対応もできるのでありがたいのですが…。

なにはともあれ、その電話で言われたのはインドネシアでの利用についてで、現在はセキュリティロックを掛けているけど、インドネシアでの利用に心当たりはありますか?という内容。

そしてインドネシアに滞在している旨を伝え、セキュリティロックを解除となりました(翌日にコンビニATMで使えるようになった)。

海外利用でロックを掛けられ、海外にいながら確認の電話に出れないと解除されないのは、今の時代にしてはかなり不便な気がしますが…。

セキュリティロックの判断基準は?

ここで興味深いなと思ったのはインドネシアでセキュリティロックに至った点について。

と言うのも、スリランカも海外ではあるものの、スリランカ滞在時はセキュリティロックされなかったためです。

また、インドネシアではATMで複数回に渡り日本円にして1万円弱を下そうとしてロックが掛かったので、金額が基準(一度に高額を下ろそうとしたわけでもない)になったわけでもなさそうなので謎なのです。

まとめ

理由は釈然としないものの、海外利用でセキュリティロックを掛けられてはACマスターカード利用者は困るので、こういった事例もあると頭の片隅に入れておいた方が良いでしょう。

実際に使えないと分かれば、すぐにクレカのカスタマーサービスに連絡を入れてロックを解除してもらえば良いだけなので。

どのくらいの頻度でこういったケースが起こるのか分かりませんが、参考にして見て下さい。

追記

無事にACマスターカードで海外キャッシングできるようになって安心したのですが、数日後の利用でACマスターカードが使えるはずの「Cirrus」マークのついたATMに行くと再び利用できなくなっていました。

ちなみに、バックアップとして持って行っていたセディナカードでは海外キャッシングできたので、絶対にバックアップは必要です。