食事や退所日のコロナ検査など隔離中の生活について!日本帰国時の強制隔離(2022年3月)

僕が帰国した3月12日時点では強制隔離の対象国が17か国あり、滞在していたスリランカが含まれていたので3日間の強制隔離をすることになりました。

2月末までの帰国であれば、2回ワクチン接種していた僕の場合は強制隔離ではなく自宅隔離だったので、レンタカーを借りて帰宅しようと考えていました。

なのですが、3月から入国制限緩和と報道されていましたが、3回のワクチン接種をしていなければ強制隔離と僕にとっては逆に厳しくなってしまいました…。

ここからは実際に強制隔離での出所から退所までに関する情報をシェアします。

強制隔離の日程

僕の場合は3日間の強制隔離でしたが、3月12日の入国日は隔離日数に含まれないので、3泊4日となる3月15日までとなりました。

隔離先となったのは成田の東横インで、部屋はバスタブ付きで十分過ぎるほどのクオリティでした。

便利だったのは電気ケトルがあった点で、毎食のインスタントお味噌汁用のお湯を沸かしたり、備え付きであったパウダータイプの緑茶と梅コンブ茶も飲むことが可能。

この部屋で3日間の強制隔離という事で、特に不便を感じることはありませんでした。

隔離中の食事

隔離中の食事は3食ともお弁当で、紙パックのドリンク2本とインスタント味噌汁が付き、夕食時のみサラダが追加されます。

ミネラルウォーターは入所時に500ml×3本が手渡され、無くなれば内線を使って連絡すれば追加してもらえました。

アルコールについては隔離中は禁酒との事でしたが、部屋に持ち込んだスーツケース内に忍ばせていないかといったチェックなどはありませんでした。

何かの情報で禁煙・禁酒と事前に目にしていましたが、希望者は喫煙部屋を選べたのでタバコは問題なかったのだと思います。

隔離中の健康フォローアップ

毎朝の日課として、午前8時頃にホテルから貸与された体温計を使い、その日の体温と体調の報告が義務付けられていました。

その他には、政府指定アプリ「MySOS」からの「現在地の報告」、「健康状態の報告」、「ビデオ通話への返答」への対応。

「現在地の報告」はスマホでボタンをタップするだけですが、僕の場合は毎回「待機場所からの移動が検知されたのでお戻りください」とのメッセージが届きました。

ホテルの部屋から一切出てないのですが…。

「健康状態の報告」はその名の通り、通知が届いたら健康状態の報告をするのみ。

「ビデオ通話への返答」は「これからビデオ通話します」とのメッセージが事前に届いた後に通話が来て、自分の顔と背景が見えるように30秒ほど自撮り撮影して終了。

「現在地の報告」と「ビデオ通話への返答」は、1日1回だけではなく2回通知が来た日もありました。

強制隔離の退所日

退所日は午前7時にコロナテスト(帰国日の空港と同じく唾液採取)を行い、その後は午後の予定となっている結果発表待ち。

僕の場合は午後2時過ぎに内線で陰性との連絡が届き「バスが待っているので準備が出来たらフロントまで降りてきて下さい」とのこと。

そしてバスに乗って成田空港に戻り、強制隔離は終了となりました。

まとめ

3日間という短期間の強制隔離であり、強制隔離の場合は費用は税金からとなるので一切の不満はなく終えました。

現在の強制隔離対象国はわずか14か国となっていて、対象国が無くなるのも時間の問題と考えると貴重な体験をしたと言えます。

もう一回体験したいかと言われたり答えは「ノー」ですが。