【2019年5月】ジャカルタ(インドネシア)空港で現地SIMカード購入

今回のインドネシアトリップでは、いつも通り空港でSIMカードをゲット。

何度もインドネシアでのSIMカード購入レポートをお届けしているので目新しさはないのですが、時の流れと共に変わった点があるかもしれないし、最新情報の方が良いと思うので絶えずお届けしていきます。

今回の記事は、インドネシアのジャカルタのスカルノハッタ国際空港ターミナル3でのSIMカード購入(2019年5月時点)について情報をシェアします。


スポンサーリンク

スカルノハッタ国際空港3のSIMカード販売所の場所

今回は今までのエアアジアではなく、マレーシア航空を利用したのですが、到着したのはエアアジア利用時と同じくスカルノハッタ空港のターミナル3。

去年は2回利用しているので、すでに勝手知ったるといった感じで気楽です。

SIMカード販売所は、税関を抜けてから送迎待ちなどでローカルが大挙しているミーティングポイントのゲートを突っ切った先にあります。

インドネシアのSIMカード通信会社

店舗は二つあり、どちらも扱っている通信会社はTELKOMSEL(テルコムセル)。

去年は上記写真の左側の店舗を利用したので、今回は違う店舗を選んでみました。

テルコムセルは日本で言えばドコモといった感じで通信カバー率が最も広く、僕はサーフィン目的でインドネシアの僻地に行くことがありますが、通信速度は現地宿のWiFiよりも早いケースしか体験していなので、テルコムセルを選べば問題ないと思います。

これまでにインドネシアのバリ島、ジャワ島、スマトラ島といったいくつかの空港でSIMカードを購入していますが、テルコムセルしか販売していないので利権の関係でしょう(笑)。

ちなみに、店舗では「滞在日数」と「必要なデータ量」を聞かれるので、英語が苦手な方は事前に英語でなんて言えば良いのかイメージトレーニングをしておきましょう。

例を挙げると、滞在日数なら「How long do you stay here? 」などと聞かれて10日間なら「For 10 days」、データ量なら「How many data do you need?」に対して3Gならそのまま「スリーギガ」といった感じです。

データ量に関してはどんなプランがあるのか分からないので、僕はたいてい「How many data do you need?」と聞かれたら「What a kinda plan do you have?」と質問返しして、自分が必要なギガ数に近いプランを選びます。

また、海外でのSIMカードの設定は難しいと思われがちですが、言語設定を英語にして店員にスマートフォンを渡せば、勝手に設定して使える状態にしてくれるので、僕は自分で設定したことはありません。


スポンサーリンク

テルコムセルの料金プラン

空港でのSIMカード購入は、市内で購入するよりも料金は高額なのですが、僕は空港でSIMカードを購入すればその時点から日本国内にいる時と変わらぬインターネット環境を得られるので購入しています。

僕は仕事柄めちゃくちゃデータ量を使うので、データ量の多いプランを聞いたところ以下の通り。

*11G:300k(約2,400円)
*14G:400k(約3,200円)

ちなみに、今回ようやく分かった点として、11GのSIMカードを買っても11G分のネット通信を使えるわけではありません。

上記を見てもらえれば分かりますが、「Chat & Socia Media」と「MAXstream」に4G分を割り当てられているので、純粋なネットデータ量は7Gとなるのです。

この点には注意が必要です。

僕は後にアプリを使ってデータ量を50G分追加していて、その件についてはまた記事で紹介します。

まとめ

もしもSIMフリーのスマホやタブレットを持っていない方は現地SIMカードを購入しても使う事はできません。

その場合、海外WiFiレンタルを考えてみてはいかがでしょうか。

旅行期間や人数によっては、下記リンク先の海外WiFiレンタルの方が安上がりの場合もありますし、何より楽ですから。


Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン