Day3:ラウニオン(フィリピン)サーフトリップ(2020年1月15日)

via MSW

昨夜は就寝中にかなり寝汗をかいていたので気分は良くない。

ただ、風邪を引いている時の大量の寝汗は、僕にとっては体内のウイルスを外へと追い出すようなことが多く、寝汗が凄い翌日には体調が回復することが多いので良い傾向。

でも、今回は体調が変わらないな~

なんだけど、朝は体が楽な時間帯なのか動くだけの余裕はあるので、波チェックだけは行くことに。

予報的には波があるはずなのに、実際は厳しいコンディション。

レフトのリーフ、ビーチブレイクは潮回りの影響からか厳しく、唯一サーフ可能なのはライトのポイントブレイク。

それでも、ショルダーの張らない膝~腰といった感じ。

ならばということで、今回の旅用に購入したドローンを飛ばすことに。

僕が購入したのは、本体がスマホよりも軽いというドローン最大手のDJI社によるマビックミニ。

ドローン初購入ながら6万弱ほどしたDJI社のドローン購入に至ったのは、安いのはいっぱいあるけど、これまでの経験上、安物買いの銭失いになると分かっているから。

昨年11月終わりに発売開始となり、品切れ続きで12月頭にオーダーしたものの12月末に手に入れたばかりのドローン。

日本では外で飛ばせる場所が近場では見当たらなかったので室内でトレーニングをし、今回が初となる屋外でのフライト。

海の上を飛ばすってことは、墜落したらアウトというわけです。

すげ~リスキー。

6万弱を一瞬で失う可能性が無きにしも非ずだし…。

マジで怖い。

まぁ、恐る恐る飛ばして見ると、一発目ということでビビりながらお試し程度で軽く飛ばすと意外と難しくない。

しかも、素晴らしい映像が簡単に取れる。

これは面白いけど、体調が良くなく頭がフラフラするのでとりあえず宿に戻ることに。

その後は8時頃になり、観光客向けの高い朝食を避けるべく、ローカルの朝食を食べに行くことに。

シシグというフィリピン料理をオーダーし、料理ができるまで待機。

しばらくすると近くの客から声を掛けられ、何だろうと思うとレストランスタッフから料理が出来上がって名前を呼ばれてました。

携帯の電波が入らない場所だったので携帯を見ていたわけではなく、完全に頭がボ~っとしていました…。

シシグは美味しいけど、体調が最悪な僕にはオイルがキツイ…。

それでも全て食べ終え(意味不明な使命感)、現地の風邪には現地の風邪薬と思って手に入れようと、まずはセブンイレブンへ。

セブンでは薬はなく、セブンで仕入れた情報ではセブンから見える狭い小道を登って行けば商店があり、そこで薬が売っているとのこと。

何だかドラクエみたいになってきたな…。

辿り着いた商店で薬を頼むと、バラ売りのようで「何錠必要だ?」と聞かれ、8時間おきに飲む薬という事で、とりあえず今日一日飲んでみようと思い、2錠ゲット。

1錠が10ペソだったので、20ペソ(約44円)でした。

この日はもはや頭が呆然とし過ぎて全く働かなかったので、ベッドでひたすら寝て、寝れなくなるとスマホでYoutubeを見たりの繰り返し。

夜になり、体に少しでも何か入れなきゃと思い、セブンイレブンに行ってバーガーとコーラをゲット。

美味しくもないけど、とりあえずお腹に詰め込んで、風邪の症状に苦しみながら今日は終了。

明らかに悪化してる気がするけど大丈夫なの!?

こんなケースは初めて…。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名(残り5名のみ)となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン