インドネシアサーフトリップ11日目:バリ島チャングー(2017/7/10)

スンバワ島レイキーからバリ島に戻ってきた昨夜は遅かったので、安宿が豊富に揃っている繁華街のクタに宿泊。

現地で足を使わず、ネットの宿泊サイトからエアコン付きの宿が1,000円ほどで予約できます。

チャングーの宿のチェックインが午後2時のため、クタのホテルはチェックアウトの12時まで滞在し、タクシーでチャングーへと向かうことに。

バリ島のタクシーと言えば、最も安くちゃんとメーターを使ってくれるブルーバード(Blue Bird)が定番。

ブルーバードの評判が高いので、ブルーバードそっくりの外観にしたタクシーが多いですので注意です。

ただ、今回泊まった宿にブルーバードタクシーの手配を依頼したところ、ブルーバードに連絡が付かないから、他のタクシー会社で良いかと提案されました。

はっきり言って怪しい…。

そこで、バリ島で初のUber(ウーバー)を試してみることに。

スマホには、もしもに備えて事前にUberのアプリはインストールしていました。

クタからチャングーまでの、推定移動時間が1時間ほどで見積もり料金は日本円で約1,000円弱(100,000ルピア)。

これなら安いと思い手配したものの、とんでもない渋滞の末に予定の倍ほどの時間が掛かることに。

タクシー降車時点では料金は分からず、しばらくして送信された請求メールを見ると、実際は見積もりよりも3倍近い料金に。

この件の後日談は別記事で紹介します…。

チャングーへの道中。ドライバーによるといつも渋滞とのこと。

到着した宿はチャングーのペレレナン(Pererenan)ビーチ正面で、部屋のベッドからも波チェック可能な「Pondok Nyoman Bagus」というところ。

後ほど宿紹介もしますが、ラインナップを一望できる環境は最高で、少し値段が張ったものの、選んで正解でした。

ベランダからの光景

到着時の潮回りはロータイド(干潮)に向かっていて1メートル程度。

一昔前は日本人サーファーで賑わっていたペレレナンのライトハンダーは、たまに良さげなセットも入っていたものの、午後3時に潮が50センチほどまで引くとアウト。

夕方になると、ペレレナンビーチ沿いにはサテ(焼き鳥のようなもの)や焼きトウモロコシなどの出店のようなものが並び、ビールを飲みながらサンセットを待ちわびる人が集まっていました。

ビーチ沿いに出店が並び始める夕方

この日は完全に曇っていたので、地平線に落ちる夕日を見ることはできませんでしたが、雰囲気は良し。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン