ベトナムサーフトリップ2日目:ダナン編(2018/1/20)

今朝は早めの5時起床。

まだまだ外は暗く、日の出は6時頃とのこと。

6時過ぎとなると波の様子が見えるようになり、部屋から波チェック。

僕が滞在している宿の目の前に他の宿があり邪魔ですが、何とか波チェックはできます。

しかも、後から知ったのですが、僕の部屋からチェックできるラインナップは最も人が集まるので、サーフィンのメインエリアなのでしょう。

ただ、波以上に気になる存在が…。

ベトナムは健康志向の人が多く、日常的に体を動かすのが習慣だと聞いていましたが、その現場を早くも目撃しました。

見ている限り、6時過ぎ頃から人が集まり始め、6時半頃から大音量のポップミュージックが流れ始めて、7時前には撤収という流れでした。

いきなりベトナムらしいものを見せてもらった後は、部屋からではなく実際にビーチに触れてみる事に。

ビーチにも多くの人が集まり、泳いだり、バドミントンをしたり、ヨガをしたりと様々。

とてもステキな環境でした。

気持ち良い朝を迎えられて嬉しいと共にお腹が空いてきたので、宿の真横にある24時間営業!?というレストランへ。

ここでは牛肉焼きそば(約250円)とマンゴースムージー(約150円)をオーダー。

ネット情報では、ここのレストランはあまり美味しくないとの情報でしたが、そこまで悪くありませんでした。

朝食後は宿に戻り、部屋から波チェックしたり仕事をしていると、徐々にサーファーが集まりだし、多少は波に乗れているようなので入ってみることに。

ビーチでは海から上がってきたサーファーがいたので「Hi, how was it?」と声を掛けると、「ん?」と言われ、再び「How was it?」と聞くと反応に馴染みが。

はい、日本人でした…。

恥ずかしい…。

そのサーファーに日本語でコンディションを聞くと、ダナンに良く来るらしく、普段のダナンはグチャグチャな事が多いから、今日はコンディション良いよとのこと。

ちなみに、海に入ってみて分かった事はサーファーのほとんどは日本人。

トータルで10名くらいしか入っていなかったのですが、ベトナムで日本人だらけとは意外でした。

波は腰~胸くらいで1~2ターンくらい入れられる風のないクリーンコンディション。

十分に楽しませてもらい、海上がりに部屋から撮った写真は以下の通りです。

その後は少し休憩をはさみ、宿周辺エリアを昨夜に続いて散策することに。

ビーチ正面は高層ホテルなどがありリゾート感がありますが、ビーチから離れるとローカル色が強くなっていました。

一方、ビーチエリアはこんな感じです。

そんなこんなであっという間に時刻は夕刻となり、昼食兼夕食を食べに行こうと思い、朝と同じ宿隣のレストランへ。

やっぱり近いと楽なので足が向いてしまいますね。

ベトナムに到着した昨日はフォー、今朝は焼きそばと麺が続いたので、ご飯ものをチョイス。

悪くはないけど、ちょっと味が薄いかなといった感じ。

スープも付いていて、優しそうな味だったので期待したのですがダメだ…。

今回初めて気付いたけど、僕は多少の香草は問題ないけど、たっぷり入っているのはキツイ。

特にコリアンダー(パクチー)は雑巾のような臭いに感じてギブアップでした。

さて、波予報をチェックしていると波はサイズダウン傾向ですが、明日はできるのか?

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン