インドネシアサーフトリップDay23:チマジャ(2019/6/8)

本日の波予報。

相変わらずのグッドコンディション予報ながら、さすがに疲労困憊の本日。

ここ2年ほどは3か月毎にサーフトリップしていて、日本ではほぼ毎日ジムには通っているものの海には入らないので、2~3か月サーフせずにいきなりサーフモードになるのと、ひ弱な体は持たず…。

でも、早朝に起床するリズムはできているので、海に入る準備はせずに5時半に波チェックへ。

うん、良い波が割れてる。

本日帰路に付く北海道K夫婦の奥さんKさんが5時40分頃にやって来て、貸切のラインナップへと一人海に入って行く。

最後にステキな時間を!

僕は取りあえず朝食を食べようと、6時前にチマジャスクエア正面のワルンでナシクニン。

朝食を終えて宿に戻り、僕の滞在も残りわずかなのでとりあえず海に入るかと準備して、海へと向かうことに。

でも、全くダメだ…

体が言う事を聞かない。

パドルはきついし、体がバキバキで思うように動かないから1時間もしないで上がることに。

上手くなりたいからもっと波乗りしたいものの、体が気持ちに付いてきません。

昨日のサワルナセッションで、何だか糸がぷっつりと切れてしまったような。

でも、波は気になるので、少し休憩してから再びビーチへ。

チマジャ、良い波だな~。

でも、時には休養も必要なので、今日はもうサーフィンしなくていいや。

さすがに6月1日からほぼノンストップだったから、これ以上無理して海に入ると怪我しそうな気もするし。

で、宿に戻ってもぐもぐタイム。

13時頃になり、そろそろランチを食べに行こうと思い、そ~言えば大好物のバクソ(ミートボールスープ)を食べてないと思い、宿の1階に降りてローカルに美味しいワルンがないかリサーチ。

ただ、ラマダン明けのホリデーシーズンで道路渋滞が半端じゃなく、バイクで遠出する気も起きない。

車なんて完全にスタックして、すり抜けするバイクでも大渋滞状態なので…。

そこで宿から近いバクソレストランを選んで出発。

う~ん、味が凝ってる。

個人的に好きなのは、あっさりスープでミートボールと麺のシンプルスタイル。

食べてる途中でサンバルを入れて辛くして、味を変えるのが好物です。

初めてバクソを食べたのは、15年ほど前にスンバワ島のレイキーピークを訪れる時、空港からのタクシーでドライバーが寄ってくれたローカルワルンのバクソ。

シンプルな味ながら、日本の胃に優しい味に似通ったバクソに舌鼓を打ち、その時からバクソ好きになりました。

まぁ、料理は進化するものなので、好みじゃないものもあるのはしょうがない。

大渋滞の道路でバイクを走らせ、普段なら1~2分で宿まで帰れる距離を10分ほどかけて帰宅しました。

宿に戻っても懲りずに波が気になったので、バイクで行くのは面倒なので徒歩でビーチへ。

しつこいけど良い波がブレイクしてるわ。

その後は仕事もしなきゃならないので宿へと戻り、17時頃に本日何度目かも分からない波チェックへ。

別に今日はサーフする気はないので、ここまで波チェックするのもアホな気がしますが、ビーチにいると落ち着くんですよね。

ただ、渋滞は相も変わらずヘビー。

北海道K夫婦は無事に空港まで辿り着けたのかな~!?

ビーチは昨年訪れた時では考えられないほどサーファー以外のローカルで賑わっていました。

18時頃になると日は暮れ、19時頃にお昼のバクソに納得が行かなかったので、ローカルが美味しいと言っていたバクソを食べに行くことに。

宿から少し離れてるけど、夜になって渋滞も緩和されたので。

で、訪れた先がこちら。

美味しい!

これぞ僕が求めてるバクソ。

まさに王道といった感じのトラディッショナルなテイスト。

何がトラディッショナルか知らんけど…。

ワルンのスタッフにも「エナッ(美味しいという意味)」と何度も伝え、美味しいバクソで一日を閉めることになりました。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン