海外サーフトリップ向け!使い方が幅広い波予報サイト「MagicSeaWeed」

海外サーフトリップをすると大半のサーファーが使っている波予報サイトがMSW(MagicSeaWeed)

最もメジャーなのはWSLの公式サイトになっているサーフラインですが、サーフラインの無料利用は当日と翌日の波予報に対し、MSWだと7日先まで閲覧可能なためです。

サーファーならばマストチェックと言えるMSWのサービスは、何も波予報チェックだけに留まらないので、ここからは基本的な利用方法をお届けします。


スポンサーリンク

MSW利用でお勧めの端末

MSWはパソコン、タブレット、スマートフォンのいずれの端末でも利用できますが、お勧めはパソコンかタブレット。

私もスウェルのサイズだけをチェックする時はスマホを使うのですが、スマホアプリは簡易版といった所で情報量がパソコンと比べて少ないためです。

ここからはMSWを利用方法や楽しみ方を紹介します。

サーフトリップ先探し

サーファーならば楽しみの一つであるサーフデスティネーション探し。たとえ先々の予定であっても、心が高鳴ってきますね。

そんな使い方もMSWでは可能です。ここからはスクリーンショットと共に使い方を説明します。

まずは、トップページのメニューバーから「FORECAST」をクリック。

Image: MSW

続いて、右側の「WORLDWIDE」の項目から興味のあるエリアを選択していきます。中段にもエリアを選択するドロップダウンリストがありますが、ここでエリアを選択しても、左側にお勧めスポットが表示されるだけです。

Image: MSW

ここでは一例として、インドネシアのバリ島をチェックするために「BALI + LONBOK」と選択し、表示される画面が以下。

Image: MSW

ここまで来れば、後は地図をズームインして気になるサーフスポットをクリックまたはタップし、各スポット情報をチェックしていくのみ。

トリップ予定がなくても、妄想サーフトリップとしても楽しめます。ちなみに、この地図から各スポットを表示させることがスマホアプリではできません。


スポンサーリンク

波予報

波予報については、先ほどの各サーフスポット情報のページに記載されていて、以下のようなページとなります。

Image: MSW

上記ページでまずしてほしい事は、ページ右下の赤い四角で囲った設定ボタンをクリックすること。

この設定ボタンからは、国によって使用する一般的な単位が異なることから、「UK」、「US」「EUROPE」の3タイプを選択可能。

お勧めは、波のサイズがフィート、風と潮回りがメートル、気温が摂氏となるUKです。

さて、このページではサーフスポット情報に始まり、潮回り、日の出と日没時刻、1週間の波予報、スウェルチャートなど、サーファーに必要なあらゆる情報が詰め込まれています。

波予報は一日単位ではなく、3時間おきのスウェルや風向きの変化も表示されています。

Image: MSW

ここで再びパソコンとタブレットの強みですが、上記イメージのスウェルの項目で、スウェルの向きの矢印があり、この矢印にカーソルを当てると正確なスウェルの向きも表示されます。

この機能はスマホアプリではカバーされていないのですが、サーフスポットによってはちょっとした向きの変化で波のコンディションは大きく左右されるので重要にもかかわらずです。

ただし、裏技的な使い方としてスマホであってもMSWをアプリではなくブラウザで開けば、パソコンとタブレットのように使う事は可能。

簡易版とは言え便利なアプリがあるので、ブラウザから使う方は極めて少ないとは思うので覚えておきましょう。

まとめ

無料で利用可能でありながら、相当な情報量が詰まっているMSW。私は有料会員(年間28.99ドルまたは月間2.89ドル)になっていて、有料会員だと16日先の波予報までチェック可能となります。

私が有料会員の理由は、長期サーフトリップが多くて旅先でスウェル予報に合わせて日程を変更したりするためです。

無料利用であっても十分に楽しめる内容となっているので、海外サーフトリップ好きや興味のある方は、MSWの公式サイトをチェックして遊び倒して見て下さい。

公式サイト「MagicSeaWeed