インドサーフトリップ最終日:インド~マレーシア~日本(2018/5/15)

寝て起きたらインドから経由地のクアラルンプール(マレーシア)となれば良かったのですが、あまり寝れずに午前6時過ぎにクアラルンプール到着。

クアラルンプールでの乗り換え時間は8時間ほどあり、エアアジア利用の僕はフライスルーというサービスでサーフボードバッグは最終目的地の羽田空港まで受け取る必要なし。

フライスルー利用時は基本的に空港内のターミナルで過ごすので経由地に入国することはないのですが、大きな荷物無しで空き時間も長いとあれば、マレーシアに入国するしかないでしょ。

ということで、初マレーシア入国。

朝食はインドでは食べることのできなかったハンバーガーと思い、ケンタッキーを見かけたので思わず足が向いてしまいました。

ちょっとした列ができていたので少し待ち、僕の順番になったのでクレジットカードが使えるか聞くと「ノー」の答え…。

マレーシア滞在時間は短いので現地通貨をATMから下ろさず、全てクレジットカード払いにするつもりだったのに初っ端からつまずくことに。

しょうがないので他のハンバーガーショップを探し、最初に見つけたのがいつものバーガーキング。

支払いにクレジットカードも使えました。

バーガーキングで食事と共に仕事もこなしてから、短いマレーシア滞在で行こうと思っていたアウトレットモールがオープンの時間に合わせて移動。

ちなみに、クアラルンプールの空港にはファミリーマートもあり、すでに帰国したような気分(笑)。

目的のアウトレットモールは日系の三井アウトレットパークと、完全に日本気分です。

アウトレットモールまでは空港から無料の直行バスが出ていて、移動時間は10分ほどと近いです。

平日のオープン直後ということで、モール内がガラガラなのは万国共通ですね。

暇つぶしを兼ねて色々とショップを覗いてみましたが、そこまで安くありませんでした。

時期的な関係もあるとは思いますが、ショッピングもできればと思っていたので少し残念。

でもでも、このモールを訪れた目的はショッピングだけではありません。

日本食レストランにも行きたかったんですよね。

帰国目前なのに…。

いくつかある日本食レストランの中で、僕が選んだのはラーメン。

お味については、天下一品系のコッテリスープは美味しかったのですが、個人的には麺が微妙な気が…。

その後は空港に戻り、広い空港内を探索。

空港内には意外にもスーパーマーケットが入っていて、マレーシアのお土産を買うには空港でも十分そうですね。

とても便利です。

あ、ファミリーマートに加えてセブンイレブンもありました。

かなり日本です(笑)。

十分に満喫してから、今度は短い滞在であったマレーシア出国手続きを済ませ、搭乗ゲート近くへ移動。

フライトはクアラルンプール発が14:25、羽田空港着が22:30。

LCCのエアアジア利用なのでフライト中の食事は別料金となり、機内で食事をする気はなかったので、フライト前に何かお腹に入れておこうと搭乗ゲート近くの軽食屋へ。

まずはレジでクレジットカードが使えるか確認すると使えないとのこと…。

「そっか、インドルピーならあるのにな」と何気なく口にすると、「インドルピーも使えるよ」と思いもしない反応があり、無事に軽食にありつけました。

使えないと思い込まず、何事も口に出して見るものですね(笑)。

その後のフライトは30分から1時間ほど遅延してテイクオフ。

このくらいの遅延なら、意外と到着は定刻通りになることもあるので、あまり気にもしていませんでした。

しかし、到着予定時刻の22時半になると機内アナウンスが流れ、「到着予定時刻は23時過ぎ」との発表が。

どうやら羽田空港で乗る予定だったリムジンバスの最終便に間に合わないような…。

案の定、リムジンバスの最終便には間に合わず、深夜便を運行しているリムジンバスで最も自宅に近い目的地まで行き、その後はタクシーに乗る事に。

時間とお金が無駄に高く付き、今回の旅が終了しました。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン