ベトナムサーフトリップ3日目:ダナン編(2018/1/21)

6時前に起床し、まずは部屋からの波チェック。

海から少し視線を移動させると、朝から運動に励むおばちゃんたちの姿が。

今日は何やら焚火をしていました(笑)。

波はソフトウェイブと言った感じでパワーレスな感じなので、ひとまず朝食を取ろうと宿隣の食堂へ。

牛肉のフォーをオーダーし、僕が苦手な香草はお好みで入れるスタイルだったのはありがたかったです。

試しに、コリアンダー(パクチー)を一本だけ入れたのですが、結構キツイです…。

朝食後は、宿から波チェック。

昨日がそこそこ良かった事もあってか、今日は早い時間からサーファーがラインナップへ。

取りあえず入ってみようと思って海へ。

思ったよりも波は良くて、セットで肩近くあったかなと言った感じ。

ライトは繋がり気味になるのですが、レフトが良いです。

完全ビーチブレイクなので地形次第なのでしょうが、今のところはレフトは良いです。

僕はレギュラーフッター(英語ではナチュラルフッターと言う事も多い)なのですが、ダナンでのファーストウェイブはレフトながら、カットバックを2回入れ、エンドセクションでフィニッシュのターンも入れられて気持ち良かったです!

サーフ後は近くのミニマートへ。

早朝サーフ用に軽い軽食としてドライフルーツが欲しいと思い、イチゴのドライフルーツを買って見て当たりでした。

おそらく、この「VN FRUIT」シリーズは色んな種類があったのでメジャー商品かと思いますので、ベトナムを訪れる際は試して見て下さい。

その後は軽く仕事をした後にランチタイム。

美味しいレストランは自然とお客さんが集まり、混雑するのはどこの国でも共通。

これまでの周辺散策で、明らかに客の入りが異なるレストランがあり、宿から数分だったので行ってみました。

そこで食べたのは、シーフード焼きそば。

ダナンはビーチタウンという事でシーフードが有名なので選んでみて、シーフードの味がどうこうと言うよりも、味付けが抜群。

人が集まるだけあり味付けは最高で、さらに値段も手頃な55,000ドン(約275円)でした。

一緒に頼んだパッションフルーツジュースも非常に美味しく、程よい酸味がやみつきになります。

パッションフルーツジュースは25,000ドン(約125円)だったはず。

その後は少し休憩し、ビーチエリアを軽く散策することに。

今回訪れたダナンというエリアは、ミーケ(My Khe)ビーチと呼ばれる海に近いビーチエリア、ビーチエリアからハン川を挟んで内陸側のシティエリアに分かれています。

僕がステイしているのは当然ビーチエリアで、ビーチエリアだけでもかなり縦長となっていて、メジャーサーフエリアである滞在先はミーケビーチ南部となるので、歩いて北上してみることに。

至る所にゴミ箱があり良かったです。

ゴミ箱があればポイ捨てしようとは思わないですしね。

結構色んなところで見かける鉄棒。

ベトナム人は体を動かすのが習慣と聞いていましたが、そのための設備が整っているのも要因の一つなのですね。

ビーチに向かうと対岸には白く大きな銅像が。

観光名所でもあるレディブッダです。

サッカーゴールもあり、裸足でシュート練習している人もいました。

ビーチでのドリンクなどの価格表は一定なのか、どこも同じ看板が立っていました。

ベトナム通貨のドンから日本円への換算方法は、下2桁の「0」を取った額の1/2。

一番左のジュース系は約60円となり、一番右の下段以外はビールで、最も安いのだと15,000ドンなので約75円です。

ビーチという場所にも関わず、この値段ということでいかに物価が安いのかが分かるのではないでしょうか。

サーフボードレンタルは1時間で200,000ドン(約1,000円)と意外と高いです…。

それにしても、華やかな豪華高層ホテルがあるものの、まだまだ建設途中の建物が目立つダナン。

ただ、建設ラッシュなのは間違いないので、数年で大幅に変貌を遂げることでしょう。

この日はビーチ沿いを北上後にタクシーで宿へ戻ろうと思っていたのですが、徒歩での散策は楽しかったので、シティエリアとの境目となるハン川まで歩いてみる事に。

とりあえず、ハン川までやって来て、シティ側に通じる橋まで到着。

ハン川もビーチ同様に縦長となっていて、5つ橋があり有名だとのこと。

エクササイズ好きな国柄を示す通り、ベンチで腕立て伏せをする人まで(笑)。

その後は最も有名な次なる橋となるドラゴンブリッジへ。

ドラゴンブリッジは、土日の午後9時になるとドラゴンが口から火と水を吹くパフォーマンスで有名なようです。

宿から近くないので、見学はしなかったのですが…。

そんなこんなで歩き続けると、タクシーを使わずにこのまま歩いて宿まで戻ろうと決意。

歩いていると日が暮れてきましたが、ダナンはかなり安全なので気楽でした。

道中、「Euro Village」というエリアがあり、いかにも高級な海外赴任者向けといった感じなのに電信柱から伸びる電線が歩道の2メートルほどの高さを伝っていたり、大学近くに立ち並ぶ屋台は格安(約50円とか)で食事を提供していたりと興味深かったです。

最終的に僕は、宿近くまで差し掛かった所で本日の夕食を。

宿近辺ではおそらく唯一のバインミー(外はカリカリで中はふっくらなフランスパンに具を挟んだベトナム風サンドイッチ)スタンドへ行ってみました。

楽しみにしていた初バインミーの感想は、めちゃくちゃ美味しかったです!

しかも値段はたったの20,000ドン(約100円)。

安いからといって量が少ないわけでもなく、僕には1個で十分でした。

美味しい食事でお腹も心も満たされ、ふと気付いたのが今日はどのくらい歩いたのか?

グーグルマップで調べて見ると、11キロ歩いていました…。

そりゃ疲れるわ。

しかも、これだけ歩くつもりはなかったのでビーチサンダル移動だったため、足が擦れて痛い…。

明日はサーフィンで疲れようっと。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン