マレーシアサーフトリップDay8:チェラティン編(2019/1/17)

波が小さくて波乗りする気がなくても、6時には起きれるようになった最近。

まぁ、寝ている時間が22時頃なのでしっかり8時間睡眠を取っていますしね…。

で、朝一で海に行く必要がなく、7時ちょうどに部屋を出るとまだ暗いので部屋に逆戻り。

7時半になるとしっかりと明るくなります。

なんだか日本の冬みたいな感じです。

今朝もお猿さんが電線を散歩中。

本日は友達がKL(クアラルンプール)に戻る日なので、最後のサーフィンレッスンということで海へ。

今回、初めて完全なサーフィン初心者にサーフィンを教える機会となったのですが、思っていた以上に難しかったです。

例えば、初心者はパドルが遅くてなかなか自力で波に乗れないので、サーフレッスンを見ているとインストラクターがテールをプッシュして上げるのは定番です。

僕もプッシュしていたのですが、友達はプッシュされて勢いが付いた状態でノーズから波に突き刺さってワイプアウト。

サーフボード前方に体重を乗せていたことがワイプアウトの理由であることは明白で、後方へと体重移動してバランスを取れば解決できます。

この点を説明したのですが、友達としては「プッシュされるからノーズが刺さる」という持論を譲らず…。

サーフィンは波に乗ってこそのスポーツで、プッシュしてもらってより多くの波に乗った方が上達は早いと思います。

ですが、互いの意見は平行線を辿ってしまったので、結局プッシュは止めて放置となりました(笑)。

他にも色々とあったのですが、強く感じた事としては経験者に教わる場合、習う側は素直に受け止めるべき。

サーフィンに限らず何でもそうですね。

「素直な子が伸びる」とはまさに的確なセリフだと思います。

そんなこんなで、友達の最終セッションを終え、ブランチとして定番の中華レストランでビールを飲みながらの食事をし、友達は昼寝後にKLへと帰っていくことに。

東南アジア定番のチリ(唐辛子)は醤油と混ぜて料理にかける人が多いです。

そー言えば、マレーシア人は飲酒運転が当たり前と聞いた事があったのですが本当でした。

日本人の僕としては、酔っている酔っていない関係なく、一口でも飲んで運転して警察に捕まったとしたらリスクが高過ぎてアホらしいという考えで、飲酒運転などしないためカルチャーショック。

オーストラリアなんかもそうでしたが、1時間にビール一本までなら問題ないとか飲酒量が関係しているらしいのですが、真相は良く分かりません。

友達が去った後、夕方に軽くサーフしようと海に行ったものの、初体験となるハイタイド(満潮)サーフィンは、ただでさえ小さいスウェルに潮が上げているため厳しいコンディション…。

1時間もしないで速攻上がったような…。

ディナーはランチと同じく中華レストランへ行き、ビールを飲みながら猫と戯れることに。

行動パターンが同じになるほど選択肢が少ない町なので、ブログを書いていても自分でつまらないなとか思ってきてるかも…。

そろそろサイズアップして欲しいな。

明日はよろしくお願いします。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン