インドネシアサーフトリップDay21:チマジャ(2019/6/6)

本日の波予報。

今日も予報は相当良いので気分よく海へ向かったものの、う~んといった感じ。

なんだか今回のチマジャは、朝一はあまり良くないような。

無理して朝一入って体力を使うのももったいないので、いったん宿へと撤退。

そういえば、ようやく今日からローカルワルンもオープンしていたので、8時頃にチマジャスクエア正面にあるワルンで朝食にナシクニンとゴレンガンを。

ナシクニンは英語ではイエローライスと記載している場所もあり、見た目はサフランライスって感じ。

ゴレンガンはただの揚げ物で、ボリューム増しって感じです。

このワルンは、僕が海に向かう5時半にはすでにオープンしているので心強いです。

朝食後はそのまま海へ向かい、本日二度目の波チェック。

波は半端じゃなく良くなってる。

今回は朝一は良くなく、7~9時くらいの朝二の方が圧倒的に波が良いような。

空いてるスーパー朝一狙いなだけに困っちゃうな~。

時間帯が時間帯だけに、波は良くても混んでいるので、ハイタイドが良いというビーチブレイクをチェックすることに。

ホリデーシーズンと言うことでローカルで賑わっていました。

気になる波は、レフトメインで2~3発はターンしてるから悪くないし空いてる。

でも、やっぱりチマジャの方が間違いなく良いなということでビーチブレイクはパス。

なんだかんだで波チェックやらに時間を使いすぎ、9時半頃にようやく海へ向かうことに。

ピークは混んでいるので、ミドル辺りにポジショニングで波とのタイミングがシンクロしてひたすら乗りまくれ、1時間ちょいくらいしか入ってないけど疲れたし満足。

この時のセッションでは、普段は5’6″のラウンドノーズフィッシュに乗っているのですが、オージーの友達が西オーストラリアのマーガレットリバー用にシェイプしてもらったラウンドテールの全体的に絞れたシェイプの6’1″に乗ることに。

明日からのサイズアップを考え、慣れておこうと思ったのです。

毎回サーフトリップではこの二本を持って行っていたものの、基本的には頭半くらいまでなら5’6でカバーできるので、6’1は5’6が折れた時用といったスタンスでした。

ですが、5’6のラウンドノーズは小波にも対応可能なのでテールにボリュームがあり、パワーがあるとテイクオフ時にテールを持ち上げられて降ることがしばしば。

先日のサワルナでも3回連続で降ったし…。

そのため、テールを絞った6’1の練習でした。

6フィート台のボードは基本的にスタンスの問題で苦手ですが、特訓といった感じです。

僕の5’6と6’1ではボリューム的には似たり寄ったりで、パドルスピードが変わることはないので、本日のチマジャでは長くて乗りにくいとの印象しかなかったのですが…。

宿に戻って少し休憩し、今度は12時半頃に3度目の波チェックへ。

波が良いと何度も通っちゃいます。

宿から波が見えれば時間が節約できてベストなんだけどな~。

そんなこんなでチェックしたチマジャは相変わらずのパーフェクション。

この波で毎日サーフしてれば、そりゃローカルが上手くなるのも早いわ。

バレルは少ないけど、考えられる限りのパーフェクトウェイブ。

13時半くらいまで撮影しながらビーチで過ごし、サーファーの数が4人くらいになったところで海へ。

人数が少なかったのでセットに乗ってパドルバックしてはミドルで波に乗り、セットとミドルの繰り返しでまたもや乗りまくってヘロヘロ。

ロータイドはインサイドまで乗って巻かれるとリーフにヒットする確率が高いのでちょっと用心したけど、セットは頭くらいあってアウトで割れるのでリーフを気にする必要がなかったのも良かった。

しかも、1時間ほどすると貸切になっちゃったし。

まぁ、波は悪くなってきたんだけど…。

今日は何本乗ったんだろうってくらい波に乗り、宿で一息ついてから17頃に再びの波チェック。

波が良すぎてビーチにいるのが楽し過ぎる(笑)。

この夕方の波チェック中、数日前にサワルナに行ったメンバーに明日もサワルナに行くと聞かされ、かなり意外な気が。

と言うのも、サワルナはチマジャよりもスウェルの反応が良いのでサイズがあり、明日のチマジャは4~6フィートとベストサイズだったので、サワルナは相当サイズあると思ったため。

何はともあれ、みんなで今日はディナーとの話があり、北海道K夫婦の泊ってるデサへ。

ちょっと早めに着いたのでデサの受付スタッフに「泊ってる友達を待ってるからブラブラさせて」と告げデサを探索。

その後、K夫婦の部屋に移動し、ディナーはサテにするかとなり、バイクのある僕と大阪Y君でサテを買いに行くことに。

チマジャで一番美味しいとローカルが言うサテ屋はレバランのためかまだクローズしてるので、もう一つのワルンへ。

5人用ということで、ヤギと鳥のサテを半々で70本、お米を二人分オーダーして待つことに。

随分と待った末に「出来たよー」と言われ、会計をすると値段は23k(約200円)…。

いや、あり得ない。

そこでサテの本数をチェックすると10本しかないし…。

指を使って70本と再度伝え、またまた待機。

結構人気があるワルンらしく、待ってる人もいるので時間が掛かるわ…。

結局30分近くはトータルで掛かったような…。

さすがチマジャ、と言うかインドネシア。

値段は5人分で153k(1200円強)なのでメチャクチャ安かった。

で、デサに持ち帰ってサテとビールのディナー。

大坂Aさんはお酒を飲まないので、もりもりと持参したお米を食べていましたが。

持参って(笑)。

ビールはK夫婦が空港でデニっちゃんにピックアップしてもらった時に、500ml缶をケース買いしたとか。

滞在期間はそんなに長くないのに凄い(笑)。

僕と同じくらい飲むな~。

この日の僕は、デサに来る前にラージビンタンを2本飲み、デサでアンカー500mlを4本飲ませてもらい、ほろ酔い気分で宿へ。

宿のベッドで横たわった時にふと気付いた事が、「明日のサワルナって僕もメンバーに含まれてるの?」ってこと。

みんながサワルナに行くとは聞いていたけど、仲良く食事をしながらも僕が行くのかどうかは一切話していなかったのです(アホ)。

タイミング良く、ついさっきK夫婦のEさんとライン交換していたので確認のメールを送り、そのまま返信を見ることもなく寝落ちしてました…。

Eさんも質問が来て返信がないから「あいつ大丈夫か?」と思ってたことでしょうね(笑)。

ははは、明日はどうなることやら。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン