2019年編!チマジャ(インドネシア)トリップで利用した航空会社のサーフボードチャージなど

日本からチマジャへの玄関口となるジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港までは直行便が飛んでいます。

ですが、今回利用したのは経由便のマレーシア航空。

マレーシアのクアラルンプール経由となりますが、トータル料金では昨年利用したLCCのエアアジアよりも安かったためです。

今回の記事は、インドネシアのジャカルタ行きのマレーシア航空における2019年5月時点のフライト料金やサーフボードチャージなどの情報をお届けします。


スポンサーリンク

サーフボードチャージとは

サーファーが口にするサーフボードチャージとは、いわゆるサーファー用語です。

飛行機を利用する際にチェックインカウンターで預ける荷物(スーツケースなど)は、受託手荷物(英語:check-in luggageもしくはcheck-in baggage)と呼びます。

受託手荷物はどの航空会社でも規定サイズや重量が定められていて、サーフボードは基本的に規定外となるオーバーサイズ。

そのため、大半の航空会社では追加料金の対象となる事からサーフボードチャージと呼ばれています。

サーフボードチャージに該当する名称は、航空会社によって異なるものの「超過手荷物(英語:oversized luggage)」と呼ばれることが多いです。

ちなみに、航空会社によってはサーフボードチャージが無料の場合がありますが、世界的に見ると追加料金を払うケースが大半。

サーフボードバッグは長さを問わず飛行機に乗せられるわけではないので、利用予定の航空会社が指定している長さは事前のチェックを忘れないで下さい。

チマジャ(インドネシア)トリップで利用した航空会社の料金とサーフボードチャージ

去年チマジャを訪れた時はエアアジアがサーフボードチャージを含めても安かったのですが、今年はマレーシア航空の方が安かったです。

エアアジアはエアチケット代(燃油サーチャージや諸税を含む)のみで見ればマレーシア航空よりも安かったのですが、インドネシア行きになると往復でサーフボードチャージが1.5万円ほど掛かります(マレーシア航空は無料)。

今回のケースで言えば、エアアジアのチケットが4万円台でマレーシア航空が約5.5万円。

これだけ見ればボードチャージを加えても似たり寄ったりな価格ですが、僕はサプライスの4千円割引を使ったので(エアアジアは適用不可)、最終的にマレーシア航空利用で5万円ちょいという値段で済みました。

サプライスのクーポンは相当お得なので、下記リンク先も併せてチェックして見て下さい。

【セール中】海外航空券ならサプライスがお得!最新クーポン情報と予約方法

2019年4月11日

結果的にエアアジアよりも安く購入でき、マレーシア航空はレガシーキャリア(フルサービスの航空会社)なので食事や飲み物が無料なのはもちろんのこと、エアアジアよりも座席幅が広いので快適。

ただし、マレーシア航空の最安チケットはマイルが積算されない予約クラスでした。

サプライス発券の海外航空券:予約クラス確認や問い合わせ方法など

2019年7月4日

まとめ

昨年のチマジャトリップのフライト情報で、LCCのトータル料金がレガシーキャリアと大差がなくなっているといった内容を記載しましたが、1年後の記事でレガシーキャリアの方がお得だったと書くことになるとは…。

エアアジアの値段が上がっているのは間違いないので(特にサーフボードチャージ)、サーファーの場合はあらゆる選択肢を検討してから航空券を購入した方がベターです。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン