マレーシアサーフトリップDay9:チェラティン編(2019/1/18)

波がサイズアップ予報だった本日。

ということで、6時前には起床して7時前に出発。

7時前でも全然暗いんですけどね。

海に着いて見るとすでに5人ほど入っていて、波のサイズは胸くらいあってサイズアップしてる。

ただし、厚めのセクションがあることには変わらず、ここではオーバーヘッドくらいのサイズでやってみたいのが本音。

もしかしたら、頭サイズまで上がることはないのかもしれませんが…。

波は明らかに良くなったものの、入ってから30分ほどするとドンドンとサーファーの数が増えていき、ピークで波の取り合いをするのは面倒くさくなり、ミドルセクションでおこぼれ狙い。

実はミドルでのおこぼれ狙いの方が、サーファーが集中するピークよりも良い波にコンスタントに乗れるような気が。

そんなこんなで朝一のモーニングセッションを終え、せっかくスウェルが入っているので今度は撮影。

と、その前に朝食。

朝食はすっかり定番となっているミロとナシチャンプル。

それにKL(クアラルンプール)に向かうためのバス情報をスマホに収めておくことに。

この日はロータイド(干潮)が10時過ぎで、ロータイドから潮が上げ始める時間が良いとのことで、ベストタイミングでの撮影を狙いました。

ただ、撮影していると思ったほどのコンディションじゃないかも…。

と思いきや、潮が上げ始めると徐々に良さげなセットも入るように。

居ても経っても居られず撮影を切り上げ、宿へと戻って海に入る準備。

海から宿まで距離があり、往復で20分以上時間が掛かってしまうのがもどかしいんですけどね。

やっぱり海の目の前の宿が良いな~。

ビーチフロントの宿になると、値段が一気に跳ね上がってしまうのですが…。

そんなこんなで大急ぎでカメラからサーフボードに持ち替えて海へと戻ってきたものの、なんだか波とのサイクルが合わない。

同じ宿で知り合った日本人サーファーは気持ちよさそうにロングライドを繰り返しているのですが、僕が乗る波はショルダーがない外ればかりでダメ。

こういう日もあるのはしょうがない。

サーファー数が圧倒的に少ない昼間だけに悔しいのですが…。

あまり粘らずにサーフィンを切り上げ、この日の夕方はハイタイドとなり、昨日の教訓からハイタイドはノーサーフでいいやと思っていたので、定番の中華レストランへ行って夕方前からビール。

その後は昼寝!とは行かず、仕事をすることに。

今日は朝からずっと動いていたので。

夜8時頃になり、仕事が一段落したのでビールを飲みたくなり、中華レストランへ行ってビールだけ購入して宿にお持ち帰り。

宿周辺はこんな感じで、夜遊びなんかまずない環境です。

部屋にはビールと大好きなスナックの「CHEEZY BBQ」が揃い、最強の布陣。

ビールを飲みながら小説を読んだりして、この日は終わりました。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン