台湾&フィリピンサーフトリップ17日目:シャルガオ島クラウド9(フィリピン)編(2017/11/8)

今朝は5時過ぎに起き、ミッドタイド~ハイタイドがベストな潮回りというクラウド9に期待して波チェック。

昨日の夕方で風波のスウェルがばらけまくっていたので、予想通りにコンディションは良くありません…。

宿に戻って少しリラックスしてから、昨日同様、クラウド9入り口目の前にある個人商店で朝食を取ることに。

昨日は中華テイストの豚肉料理を選んで当たりでしたが、本日は趣向を変えてアドボを注文。

店内の様子

アドボとはフィリピン料理で、お肉の煮込み料理。

イメージとしては角煮的なものが多いです。

全くイメージとは別物といったアドボもあるのでなんとも言えませんが(フリーダイビングスクールで食べたアドボは大外れでした)…。

今回のアドボは油ギトギトでしたが、お酢の味も利いていて日本の角煮にかなり似た味でした。

アドボとライスに加え、ファンタオレンジのようなドリンクを加えた料金は75ペソ(約170円)。

庶民の味方ですね。

ちなみに、ドリンクはレジの奥にある冷蔵庫から勝手に取ってきます。

日本だとドリンクメニューを持ってきてもらうのが普通ですが、東南アジアでは厚かましいくらいに自由に行動しなければならないので、自由に動き回りましょう(笑)。

その後は再びクラウド9をチェック。

潮回り的にはちょうどハイタイドから潮が引き始める時間帯。

波は大き目のセットで頭半ほどあるもののまとまりはなく、ブレイクは基本的にショートライドかつトリッキーそのものでベストウェイブを選ぶのは至難の業。

一人入っていましたが、ほとんど乗れず…。

その後、おそらくオージー(JSに乗っていたので)の上手いサーファーが入ると、多少は乗るものの厳しいコンディションには変わりなし。

写真だと、写真マジックで悪くなさそうに見えますが…。

今後の波予報をチェックして見ても、今回の滞在ではクラウド9らしいコンディションを当てることは無理だと早くも悟ってしまいました…。

その後は宿で仕事をしつつ、お昼過ぎに恒例の個人食堂でランチ後、クラウド9の波チェック。

サーファーはしつこいです。

波のコンディションか常に気になるので。

クラウド9、お隣のクイックシルバー、クイックシルバーの先のジャッキングホースも全てアウト。

本日は夕方になると風が弱まり、オフショアに回る予報ですが、これまでのクラウド9を見る限り、劇的なコンディションの変化は期待できません。

そんな時に話しかけてきたローカルがいて、ボートアクセスオンリーのライトハンダーのロックアイランド(Rock Island)の波が良いから、ボートを出すよとのこと。

レギュラーフッター(英語ではナチュラルフッターともよく言います)の僕にとってはフロントサイドなので最適!

値段を聞くと、一人だとネット情報よりも高い400ペソですが、2時間チャンネルで待機していてくれるとのことでお願いすることに。

このままだと、本日はノーサーフになってしまうし…。

ボートドライバーの都合で、ランチ直後でお腹いっぱいの僕に対して今すぐ行こうとごり押しでしたが、そこはしっかりと断って1時間後の合流を約束。

そんなこんなで、お昼2時半にボートドライバーと合流して、いよいよロックアイランドへ。

ボートアクセスにテンションを上げながら10分弱で到着したロックアイランドは、例えるのなら八丈島のタコスといったところ。

ちなみに、ロックアイランドから程近いところにはレフトハンダーのスティンピーズ(Stimpy’s)があり、サーファーの姿が見えました。

ロックアイランドに話を戻し、MSW(マジックシーウィード)の説明によれば、ロックアイランドはロータイドだとバレルありで、基本的にはメローでロングライド可能なソフトなライトハンダー。

今回の到着はちょうどロータイドに当たるのでGoProを持ち込んだものの、サイズが頭ほどのせいかバレルはなかったのでほとんど撮影はせず。

しつこいようですが八丈島のタコスでした(メローだけど良い波という意味で)。

ちなみに、海ではローカルサーファーからボートアクセスの料金を聞かれ「400ペソだったよ」と答えると、かなりボラれてるねとのこと(笑)。

初めてのサーフエリアだし、しょうがないかなといった感じです。

なんだかパドルばかりであまり波に乗れずに2時間が経過し、ボートに戻ってクラウド9エリアへと戻ることに。

クラウド9エリアへ到着後、ボートドライバーに対してボラれたことについてはさほどイラつきはなかったのですが、今回のボート利用前に僕はフィリピンでは高額紙幣の1,000ペソしかないのでお釣りの600ペソを用意するようお願いして相手も納得したのに、当然そんな用意もなし。

お釣りの問題に加え、明日も朝一でロックアイランドに行くぞと勝手にこっちの予定を決め、僕が拒否しても相変わらずのごり押し。

さすがにイラっときて、「こっちはサーフトリップなんだから、波次第で行動を決めるからスケジュールを勝手に決めないでくれ」と落ち着きながらも強めに伝えて解決。

基本的に僕はあまりキレるのは好きじゃありません。

当事者同士だけなく周りにいる人も良い気分はしないし、無駄に疲れるためです。

ただ、今回ばかりは結構カチンときてしまいました。

ちなみに、イラついた時でも冷静を振舞うと普段以上に英語がスラスラと口に出るのは不思議です(笑)。

ボートドライバーとは結局、翌朝9時に僕がステイしている宿のエントランスでお釣りをもらうことで合意し、この日は終了。

海上がりのビールは最高です。

フィリピンに来てからサンミゲール系の中でもアルコール度数5%と低めなサンミゲールライトを飲んでいましたが、すっかり強めのレッドホース(約7%)に切り替わってます…。

明日の朝一が、今回の滞在期間でクラウド9がベストコンディションっぽいのですが、果たしてどうなるのか!?

あまり期待はしていません…。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン