インドネシア世界遺産のボロブドゥール遺跡とプランバナン寺院!観光やジョグジャまでのアクセスなど

インドネシア観光地として非常に有名なボロブドゥール遺跡とプランバナン寺院。

ジャワ島ジョグジャカルタに位置する上記2つの世界遺産に認定されている遺跡はセットでの観光ツアーが主流で、インドネシアの首都であるジャワ島のジャカルタから日帰り観光可能なので、ジャカルタ滞在に訪れてみました。

結論から言うと、遺跡といった文化遺産にあまり興味のなかった僕でもまた訪れたい!と思うほどお勧めです。

今回の記事は、ボロブドゥール遺跡とプランバナン寺院の観光情報をお届けします。


スポンサーリンク

旅の概要

インドネシア国内からボロブドゥール遺跡とプランバナン寺院へ訪れる場合、いくつかの観光オプションがあります。

オプション

1. 自力ですべて手配および移動しての観光(移動費と入場料のみ)
2. ジョグジャカルタからの現地観光ツアー(ジョグジャカルタまでの手配および移動は自力)
3. ジャカルタやバリ島からジョグジャカルタまでの移動込みの現地観光ツアー(全てお任せコース)

上記の中で僕が選んだのは2番目のオプション。

自力で観光地を訪れのが最安なので、以前は現地観光ツアー利用など考えもしなかったのですが、今年ベトナムを訪れた際にVELTRAのハロン湾ツアーを利用し、現地ガイドの有無でこれほどまでに充実度が違うのかと体感したためです。

ジャカルタ~ジョグジャカルタの移動

ジャカルタ市内からスカルノハッタ空港までの移動は、配車アプリ「Grab」を利用して片道1,000円強で時間は1時間ほど(通勤ラッシュは長時間かかる場合もありとか)。

ジャカルタからジョグジャカルタまでのフライトは数多くの航空会社が運航していて、例としてグーグル検索で出てくる大まかな一覧は以下の通り。

via Google

希望の時間帯に合わせてフライトを選ぶことになり、僕が選んだのは以下の通り。

往路:Airasia 午前5:30発6:55着

復路:Batik Air 午後5:45発7:00着

フライト料金は片道3,000円前後で、フライト時間は1時間強といったところ。

ちなみに、「Batik Air」に関しては公式サイトからエアチケットを購入しようとすると日本で発行されたクレジットカードは利用できなかったため、「tiket.com」というサイト経由で購入しました。

現地ガイドツアー

海外での現地ガイドツアーは、日本語ツアーの場合は日本語を喋れる現地人によるガイド同行が一般的。

ただし、観光地の説明に関しては問題ないものの、何気ない会話になると日本語が通じない場合があります。

そこで今回たまたま見つけて利用してみたのが「トラベロコ」というサイト。

現地在住日本人ガイドを紹介してくれるサイトで、同サイトを通して僕はジョグジャカルタで旅行会社を運営されている方にガイドをしてもらうことになりました。

ちなみに、日本人ガイドということで高額になるイメージがありましたが、現地人ガイドのツアーと比較しても値段はほぼ同額でした。


スポンサーリンク

ジョグジャカルタ観光コース

ジョグジャカルタの空港到着後、ガイドさんと合流してツアーはスタート。

最初の目的地は空港から1時間半ほど離れているボロブドゥール遺跡、その後は空港に戻って来るような形でパオン寺院やムンドゥッ寺院に寄り、ラストはプランバナン寺院。

実際の各エリアは以下の通りです。

ボロブドゥール遺跡

世界三大仏教遺跡の一つであるボロブドゥール遺跡(残り二つはカンボジアの「アンコールワット」とミャンマーの「パガン」)。

着いて早々、圧倒的な存在感に圧倒されてしまいました。

遺跡に入ってからの写真は以下の通り。

中にはストゥーパやレリーフなどあり、事前に学ぶことなく一人で来ていたら「ふ~ん」で終わりそうですが、ガイドさんの説明により仏教の考え方やレリーフに綴られたストーリーなどを知る事ができ、少し学んでみようと好奇心を掻き立てられました。

入念に勉強されてくる方にはガイドは不要かもしれませんが、事前学習をしない、または現地で疑問に思ったことを質問したい方にはガイドは必須ですね。

ちなみに、ボロブドゥール遺跡では通常でも幻想的だったのですが、朝日鑑賞ツアーやランタンを上げる時があるという事で、表情の変わるボロブドゥールを見たいと思いました。

パオン寺院やムンドゥッ寺院

ボロブドゥール遺跡とプランバナン寺院の観光ということで組んでもらったツアーでしたが、時間に余裕があるとのことでツアーに入れてもらったパオン寺院とムンドゥッ寺院。

この二つの寺院もまた、ボロブドゥール寺院遺跡群に含まれています。

まずはパオン寺院。

ボロブドゥールと比べると圧倒的に規模が小さいのですが、ここでは近くにあるカフェが「コピ・ルアク(ジャコウネコの糞から採れるコーヒー豆)」を扱っていて、実際にジャコウネコを見せてもらったりしました。

続いてはムンドゥッ寺院。

こちらもこじんまりとした寺院で、寺院脇で長い年月を経て育ったガジュマルのインパクトが強いですね(笑)。

プランバナン寺院

最後はプランバナン寺院で、これまでの仏教とは異なり、今度はヒンドゥー教の遺跡です。

堂内にはヒンドゥーの神様が祭られていたり、壁面にはレリーフが施されていたりと、こちらもガイドさん無しではフワッと通り過ぎてしまうような寺院でした。

今回のツアーではボロブドゥールをメインとして考えていたので、プランバナンは見劣りしてしまうかと思ったので、全然そんなことはありませんでした。

まとめ

観光道中、「サラク」というフルーツを試食したり、ランチはリクエストしたローカルワルンに寄ってもらって爆弾バクソを食べたり、最後にはローカルスイーツドリンク「ダウェット」屋に寄ったりしてもらいました。

観光だけでなく、ローカルカルチャーに触れさせてもらえたりと様々な経験をさせてもらえたので満足度の高いツアーでした。

ジョグジャカルタ観光を考えている方にはお勧めなので、興味のある方は下記よりガイドさんの運営する旅行会社をチェックして見て下さい。

トリップアドバイザーでも圧倒的に評価の高い旅行会社となっています。