インドネシアサーフトリップDay3:ニアス編(2018/10/27)

本日は予報通りにサイズダウン。

昨日の朝が少し寝すぎてダラっとしたので、今日は気合を入れて5時起きだったのですが、朝一から海に入る必要はないかなといった感じ。

実際に日の出と共に海に入っていたのは一人のみ。

その後も宿のテラスから波チェックをしたり、朝食を食べたりして時間を潰したものの、あまり波が良くなりそうな気配はなし…。

たまに入るセットは乗れそうですが、セット間が長いスローコンディションなんですよね。

どうしようかなと思い、結局、潮回りを見るとお昼12時頃がロータイド(干潮)だったので、潮が上げ始める時間を狙って海へ。

下記は上がった直後の写真。

入った当初は僕一人の貸切で、波は腰~胸くらいで何とか乗れるのですが、少し厚めかなといった感じ。

しばらく一人でサーフしていると、隣の宿に滞在している日本人サーファーも入ってきたので、会話しながらのリラックスサーフ。

一年ほどインドネシアでのサーフィン修行のようで、バリ島をベースにしながら色々とトリップもしてると言うので、サーフトリップの情報交換をさせてもらいました。

サーフ後は宿で遅めのランチを。

昨日のミーゴレンに続き、今回もインドネシア料理の定番であるナシゴレン(インドネシア風チャーハン)。

ナシゴレンよりミーゴレンの方が美味しいかな。

僕の宿のレストランスペースには市販のサンバルが置いてあるのですが、それが少し残念。

やっぱりサンバルは市販品よりも手作りの方が抜群に美味しいですね。

食後はサーフキャンプ周辺のパトロールに出ることに。

まずは宿からラグンドゥリの湾の外側に向かってビーチを歩いていき、突き当りに到着してからはビーチから内陸側に入り、テクテクとお散歩。

下記の大きな傘を逆さまにしたようなものはテレビアンテナだそうです。

ビーチ沿いに立ち並ぶ宿の内陸側となる道路にもいくつかワルンがあるものの、ビーチ沿いのレストランに併設されたワルンと似たり寄ったりな感じで、残念ながらローカル系食堂がある感じではありませんでした。

ナシチャンプルー屋さんなんかがあれば最高でしたが。

その後もパトロールを続けてビーチ側に戻ると、日本人のサーフガイドをしているという一人のローカルがいたので少しトークをし、サーフィン旅行会社のOMツアーのOMハウスがあると言う話になり見学しにいくことに。

ローカルはバイクの後ろに乗りなといったけど、僕はじっくりと周辺をチェックしたかったので徒歩を選ぶと、迷子になる事に…。

迷子になって内陸側の道路に辿り着くと、そのローカルと再会(笑)。

今度は「ビーチに出てから右に曲がればあるから、そこで会おう!」と言われたものの、再会は果たせず…。

色んなローカルに「OMハウスってどこ?」と聞いても誰も知らず、結局は辿り着けず終いでした。

途中で日本語を話す韓国人サーファーと出会ったりと、出会いは豊富なので散歩も楽しいのですが、目的を果たせずに少し残念。

日が沈んでからは、すっかりとハマってしまった小説を読み続けて読破。

小説はハマると仕事が手に付かず支障をきたすので普段はあまり読まないのですが、読み終わってしまうともっと持ってくれば良かったと後悔。

一カ月近い今回のトリップにして、わずかスタート初日ですからね。

明日も波予報ではサーフィンは厳しそうなので期待はしていないのですが、どうなるのかな。

Booking.com
宿泊予約サイト「Booking.com」にて、当サイトの紹介リンク利用で2,000円返金のキャンペーンが行われています。

条件としては、下記リンク先からホテルの予約&滞在をすれば利用者に2,000円返金となり(一回限り)、紹介者の僕も2,000円ゲットと言うWinWinの内容。

紹介人数の上限は10名となっていて、上限に達し次第終了なので、旅行を予定している方は下記リンク先から宿予約をしてみてはいかがでしょうか。

Booking.comの2,000円返金キャンペーン